【弁理士】
「弁理士試験制度を掴む(その3)」

 

弁理士試験受験生の皆様。こんにちは。TAC弁理士講座担当の齋藤晶子です。

今週は「弁理士試験制度を掴む(その3)」ついてお伝えします。

最近、新緑で街路樹が生命力に満ちていますね。公園などに行かなくても、その初々しい「緑」を見ているだけでも心癒され、元気をもらえます。
この時期限定で、私が毎年とっても楽しみにしているのが「たねや」という和菓子屋さんの「近江ひら餅 よもぎ餅」なんです。
よもぎの青々しい香りと色、餡のお上品な甘さで、その絶妙な味を創出しているのです。五感で初夏を楽しめるのです。
「たねや」といえば今や和菓子の大御所として、デパ地下にもたくさんの店舗がありますが、実は、バームクーヘンで有名になっている「クラブハリエ」も「たねや」の洋菓子部門なんですよ。
「たねや」の独自の感性を生かして、洋菓子部門展開をしたのです。
「クラブハリエ」のバームクーヘンも、日本の和菓子屋さんならではの繊細な感性がそのまま洋菓子という形になったことが伝わる、絶品スイーツです。「クラブハリエ」もいつも行列が耐えないですね。
「たねや」の思い切った事業展開、最初は衝撃でしたが見事形にし、感動的です。
そして、弁理士のお仕事もこれが「弁理士の領域」という境界線を勝手に引かず、みなさんのお力で領域を広げていくのって、ありですよ。
「この資格」、「この経歴」、には「このお仕事」っていう一義的な決め方はイマドキのお仕事スタイルではないですよ。
みなさんの「得意なこと」「好きなこと」や「経歴」などを全てを統合させて、みなさんならではの「オンリーワンの弁理士」になってくださいね。

今回も、弁理士試験の概要の続きです。

3.各ステージの内容
(2)第2ステージ:論文式筆記試験(二次)
b) 選択科目
 選択科目は、「熱力学、物理化学等」の理系科目(理工I~V)と、法律の科目として(民法)があります。
 過去問題が特許庁HPで掲載されていますので、みなさんが点数を確実に取れそうな科目を慎重に選択してください。
 選択科目は、絶対評価で100点満点中、60点を獲得すれば合格ですよ。
 選択科目は、修士又は博士を持っていたり、薬剤師、行政書士等の資格を持っている方は免除されます。こちらも特許庁HPでご確認くださいね。

4.口述試験(三次)
 短答式試験・論文式試験に合格された方が受験できます。
(1) 試験方式:面接方式
 試験委員の先生2名と受験生との面接となります。
(2) 科目:
 ① 特許・実用新案法
 ② 意匠法
 ③ 商標法
 つまり、論文式試験の必須科目と同じですよね。
(3)試験時間
 各科目10分です。
 意外とあっという間に終わってしまいます。
(4)合格基準点
 採点基準をA、B、Cのゾーン式とし、合格基準はC評価が2以上ないことです。
 ここで、「C」ってどんなときにつくか?ちょっとお話してしまいます。
 口述試験って、簡単にいうと、テレビゲームのような感じなんです。
 つまり、テレビゲームって、一面クリアしないと次の面にいけないですよね。それと同じような感じなんです。
 口述試験は、各科目12問位ずつ問題が用意されています。そして、これが制限時間10分内に全問クリアできたら「A」か「B」、全問クリアできないと「C」となります。
 しかも、用意されている問題を1問ずつ答えていきますが、例えば、1問、2問と順調に答えても3問目でわからない問題がでてしまい、答えられないと正解を答えるまで原則次の問題に進めてくれません。そして、3問目で10分が終わり、「C」となってしまいます。
 「C」が2科目以上あったら不合格なので、2科目以上10分以内に全問クリアできないと不合格となります。
 口述試験は当日に合否がわかってしまうので、失敗するとかなりきついですよ。
 ただ、最近合格率はかなり高くなっていますので、そんなにビビらなくても大丈夫ですよ。



お知らせ

「無料セミナー」
これから弁理士試験合格を目指す方に向けて、TAC渋谷校でセミナー開催します。
1. 短答⇔論文ハイブリッド学習が最短合格に結びつく理由(5月14日)
TACオリジナルの短答⇔論文ハイブリッド学習の詳細についてお話します。短答と論文を同時に学習するメリットや最短合格に結びつく学習法を、私の受験時代に味わった体験等を交え、伝授します。
2. 弁理士って何?どうやったら受かるの?(5月17日)
弁理士の業務内容について、オーソドックスな弁理士のお仕事や今後の展望について、また、初めて弁理士試験の受験勉強をされる方がどうやって戦略を練っていけばいいのかなど、試験対策の学習法などをお伝えします。
詳細は、TAC弁理士のホームページをご覧ください。