【弁理士】
裏TACグルメ(渋谷校編)

 

弁理士試験受験生の皆様。こんにちは。TAC弁理士講座担当の齋藤晶子です。

今週は「裏TACグルメ(渋谷校編)」ついてお伝えします。

私は受験生時代、TACの渋谷校生でした。毎週土曜日渋谷校に通っていました。
私にはお気に入りの通学路がありました。
渋谷駅から歩き、セルリアンタワー東急ホテルを通ります。ここを素通りせず、毎週ホテルにわざわざ入って、フロントで5分くらい座って、勉強したり考え事したりして、過ごしていました。
フロントに生けてある季節のお花はいつも本当に見事で、見ごたえありました。これを見ているだけで元気がでて、幸せになれました。クリスマスツリーもとってもステキでした。来年のクリスマスは合格者の状態で見ます。と誓ったかな?確か。
そして、フロントで過ごして、ホテルの売上げに何にも貢献していないのに、ドアマンに丁重に挨拶され、ちょっと恐縮しながら、ホテルを後にすると、TACの裏側の道。つまり、国道246号線側ではない通りがあります。
ここがすごく閑静な通りで、いい感じのお店が何軒か並んでいます。
この通りを私は「裏TAC通り」と命名していました。実は穴場グルメスポットなんです。
受験生時代は、ここは素通りし、TAC渋谷校の裏口に到着します。
「裏TAC通り」の中で、いつもすごく気になっているお店がありました。スペインの国旗があり、地下に入るとそこはお店。っていうすごくミステリアスな雰囲気を醸し出しているスポット。
合格したら「裏TAC通り」の名店を制覇しようと思っていましたが、その中で、ミステリアスさが魅力的で、お店制覇候補ナンバーワンとなったのが、スペイン料理のお店の「スペインバル エル シエロン」でした。
合格したのは平成24年でしたが、ナンバーワン候補であったにもかかわらず、今年平成29年にやっとお店に行きました。
なぜ行かなかったか?というのは、受験生を離れると、あの場所は駅から微妙に遠く、微妙に使いづらい。からかな?あと、私は新宿校に行くことが多いからかな?
ではなぜ今年行ったかというと、一緒に渋谷校で勉強していた受験仲間がめでたく去年合格し、今年の春、弁理士登録したので、そのお祝いで受験生時代に「受かったらみんなで行こうね」と言っていたことを思い出したからです。

お祝いの会とし辿りつけたお店は、感慨深いものでした。地下にあるので、雰囲気が落ち着いています。
お料理も期待以上にどれも絶品でした。
素材重視でシンプルなものが多かったですよ。「アスパラソテー」とか「マッシュルームオイル焼き」とか。
もちろん、定番の「生ハム」も「小エビのアヒージョ」も、ワインとか自家製サングリアと相性ピッタリでした。
衝撃の出会いだったのが「イベリコ豚のカルビ」です。これって、他のお店であんまり見ない気がしたんですけど。イベリコ豚の旨み部分だけを堪能できます。噛む度、感動が溢れました。
〆のパエリアも魚介のいいスープがしみこみ、体全体で幸せを感じることができました。
私のパエリアヒットの法則は、パエリアを頼むと「「お時間かかりますがよろしいですか?」と聞いてくれる。」ということ。こういうお店のパエリアは、大体あたりです。
オーダー聞いてから、仕込んで火を入れ始めるので、ベストな状態で提供してくれるからです。もちろんこのお店も「お時間かかりますが・・・・」の台詞、いただきました。

あ。それで。このブログは「法律系ブログ」なので、一応、そんなお話をしますと。
お祝いの会で、合格した方に「何が決め手で去年の難関を合格できたのか?」レポートしてきました。
合格された方は、平成27年論文まで合格したのですが、口述試験で残念な結果となり、そして更なる試練が。なんと短答式試験の免除が切れてしまったのです。
だから、平成28年は、短答式試験と口述試験を受験というスタイルになりました。
この方がどうやって辛い思いを乗り越えて、難関の短答式試験を突破し、そして口述試験合格に至ったのかというと、短答式試験対策と口述試験対策を同時並行させていたそうです。
「短答⇔口述ハイブリッド式」。つまり、短答式試験で出題される条文等の問題を口頭で答える訓練を受験仲間の勉強会などでしていたそうです。
自分の条文についての不理解や知識の欠落点は、人に伝えてみて初めてわかります。これは私が講師になったときにも痛感したことです。
しかも、他の受験仲間がいる前で答えを言えなかったときの恥ずかしい思いがバネになり、頭に強烈にインプットされます。この勉強方法で、短答式試験対策用の条文の要件と効果のインプットが正確にでき、かつ、頭の中から迅速に知識を引き出す脳の回路が形成されます。そうすると短答式試験の問題も迅速かつ正確に処理できるようになり、短答式試験は高得点合格となったようです。そして、口述試験も楽々クリア。
口述試験対策のような「問答」による条文学習法はやっぱりいいみたいですよ。ちょっと前のブログで「相談会の白熱トーク、そして誓い☆」でご紹介した方法ですよね。
こんな合格体験談も取り入れつつ、合格できる方法色々取り入れてみましょう。
あとは、「エル シエロン」もまた行きたいです。まだまだ気になるメニューいっぱいでした。



お知らせ

「TAC式超高速カリキュラムで最短合格無料セミナー」
今年秋から弁理士試験合格を目指す方に向けて、
・弁理士試験とはどんな試験?
・試験制度はどんな感じ?
そして、
・どうすれば合格効率よく合格にたどり着くことができるのか?
・さらに、秋からスタートしてどんなカリキュラムで無理なく合格を掴むことができるのか?
について、お教えしますよ。
是非、いらしてください。