【行政書士】

新年あけましておめでとうございます。


新年、明けましておめでとうございます!
いよいよ2017年が開幕です!


また今年も、さまざまな嬉しいこと、楽しいことに出会えると思うとワクワクします。

それ以上に、あなたが今年の行政書士試験に合格され、忘れがたい感動の年になること、その現場に立ち会えることに私は今から期待しています。

申し遅れました。 わたくし、TAC行政書士講座で講師をしております小池昌三です!

昨年に引き続き、今年もブログの連載が始まりました!
旧年中は「記述対策講座」や「本試験問題の振り返り」連載しました。今年はまず、行政書士試験の肝となる法令択一を攻略していきたいと思います。題して「法令択一攻略講座」です!

このタイトルを見て、お分かりの通り、「択一問題の解き方をマスターして、本試験で合格できる得点をしよう!」ということです。
本試験で最重要となる択一問題について、初学者の方でも分かりやすく、科目の特性や、効率的に得点を稼げる方法を、過去問なども使用しながら攻略をしていこうというという連載です。

まずは、連載を始める前に、「行政書士試験合格までのイメージ」を創りましょう。

受験勉強を始める時期は人によって様々です。でも、あなたが受験を思い立ったいまが、あなたにとって最高にスタートラインです!

行書試験は、例えれば直線の100メートル走です。ゴールは動きません。目指すゴールは全員にとって同じです。ゴールにたどり着けば金メダル獲得です!ゴールしたすべての人のために金メダルが用意されているんです。もちろん、あなたにも金メダルは用意されています。

また、行政書士試験は絶対評価の試験です。つまり、他人の結果がどうであれ、あなた自身が6割得点できれば合格という試験です。だから、1位でゴールする必要がありません。他の受験生と合格という椅子を争う必要がないんです。

そういう試験の特性からか、私が講義している生クラスも、受講生の雰囲気はすごくいいんです。「がんばってみんなで合格しよう!」という雰囲気があって。

行政書士試験でゴール(合格)できない人とは?

そもそもスタートしない人です。
走り始めたけど途中で走るのをやめてしまう人です。
ゴールを見失いコースからそれていってしまう人です。


いまのあなたには、仕事が忙しい、育児が忙しい、サークルが忙しい。いろんな状況があるかもしれませんし、不安もあるかもしれません。
でも、目の前にはゴールに向かうきれいな一直線のコースがあるだけです。

そして、あなたはそのスタートラインに立っています。

一歩一歩前に進めばゴールできます。

行政書士試験はあなた自身がゴールできるかどうかの闘いです。ただし、自分との闘いといっても、決して一人ではありません。後ろから押してもらうこともありです。後ろから押してくれる心強い味方は、いい教材たちや他の受験生や講師です(笑)。

行書試験って、そんなイメージです。

本試験まで約11か月ですが、寄り道は不要です。ゴールまで一直線です!!

私も微力ながら、あなたの合格をバックアップしたいと思います。

さぁ!
最高の年を創るため、ゴールに向かって一直線に走り出しましょう!

それでは、今年もよろしくお願いします。