【社会保険労務士】
「人間力と鈍牛の話」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「人間力と鈍牛の話」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は、8月26日。オリンピックが終わって4日ほどたち、早くもオリンピック・ロス症候群になっています。
個人的に最も感動したのは、卓球女子団体戦の戦いぶりでした。準決勝の4時間におよぶ死闘の末の敗戦、そして3位決定戦での勝利。どちらも生放送で見たので、卓球の奥深さを再認識させられました。
この女子団体の勝因は、いわゆる「人間力」だったような気がします。
人間力というのは、明治大学野球部監督だった、島岡監督が好んで使っていた言葉です。具体的な何かを指すわけではないのですが、スポーツでよく言う「心・技・体」を含んだ「総合的な力」とでも言ったらよいでしょうか?
野球経験がない島岡監督は、技術的指導ができないので、試合中、負けている場面で、選手にアドバイスする言葉は決まって「なんとかせい!」
試合に負けようものなら、鉄拳制裁が飛んでくる時代なので、選手はこの「なんとかせい!」という言葉で、自ら考えるようになるわけです。相手投手(法政の江川投手など)の球が速くて打てないときは、バントをしたり、粘りに粘って四球を選んだり、あるいは盗塁をからめて、とにかく劣勢を跳ね返す、どうしたら良いかを選手自らが探し出す粘りの野球です。
今回の卓球女子も、準決勝は、5試合中4試合がフルセットの死闘。2勝2敗で迎えた最終第5試合の福原選手のゲームも2―2までもつれこみ、運命の最終セット、一時は9対7でリード。しかし、そこからまさかの4連続失点で9対11で敗戦。普通はここで心が折れてしまいそうだが、3位決定戦で見事な逆転勝利を飾った。3人とも、メダルなしの手ぶらで帰ってくるわけにはいかないという気持ちが全面に出ていた。とりわけ石川選手の鬼の形相が印象的でした。


さて、明後日は、いよいよ社会保険労務士試験の本試験日です。残り2日をどう過ごすべきか?と言っても、現実的には、残り2日で急激に学力が伸びるわけではないので、私の場合は、基本教材である「暗記カード」や「合格のツボ」だけを眺めていました。
一番大切なのは、体調管理だと思います。私自身、当時を振り返ってみると、試験前日の土曜日には、朝5時に起きて、体内時計を朝型にしました。食事もお腹を壊さないように、食べなれたものをいただきました。そして、当日の持ち物の用意に取り掛かりました。鉛筆は「10本」、消しゴムは、恩師の教えで「2つ」用意しました。その他、受験票、時計など。
試験会場に持っていく教材は少なくていいと思います。実際、試験会場では、テキスト等を読む時間はありませんでした。中には、旅行にでも行くのかな?と思うほど大きな荷物を抱えて入場してくる人もいましたが、そんな必要はないと思います。暗記カードと法改正テキストだけで十分かもしれません。
また、本試験は、午前・午後合わせて4時間50分の長丁場なので、体力が必要です。睡眠不足で試験を受けると、思わぬところでミスをする可能性があるので、試験前日の睡眠はとても重要になります。
ところで、当日のタイムスケジュールは確認できていますか?

選択式 10:00集合 試験時間10:30~11:50
択一式 12:50集合 試験時間13:20~16:50


昼休みは、60分間しかありませんので、サンドイッチなど軽い食事をお勧めします。さて、タイムスケジュールの中に、違和感を覚える箇所がありませんか?初めて受験する人に、1つアドバイスがあります。
それは、集合時間が10時なのに、試験開始時間が10時30分という所です。10時に集合して、試験監督が諸注意などを読み上げ、問題用紙や解答用紙を配り、所定の場所に受験番号と氏名を記入すると、だいたい10分~15分で終わります。
さて、10時30分まで、15分ほど余るのですが、何をすると思いますか????答え⇒何もしませんというより、何もしてはいけない決まりになっています。。。ただ、じっと、10時30分になるのを待つのです。。。何でもないようですが、本試験独特の緊張感の中、何もしないで15分間待つというのは嫌なものです。私の場合は、瞑想していました。すると、なぜか、亡くなった祖父を思い出し、心の中で祖父に合格のお願いをしていました。そのうち、不思議と不安な気持ちが消えて、必ず合格するぞ!という強い気持ちが芽生えました。
スポーツも勉強も、最後に勝つ人は、知力・体力を含めた総合力、いわゆる人間力のある人が勝ち抜くような気がします。あまり細かいことは気にしないで、ドーンとぶつかってください。

夏目漱石が、人生に悩んでいた芥川龍之介に対して、神経質になりすぎるなという意味のアドバイスを送っています。
『焦ってはいけません。 うんうん死ぬまで押すのです。 それだけです。牛は超然として押して行くのです。』
頭のいい芥川に対して、あえて、鈍い牛になりなさいという深い意味のアドバイスです。受験生の皆様も、心を落ちつけて、牛のようにぐいぐい押す気持ちで頑張ってください。


つづく。



今年、社労士本試験を受験される方へ

 本試験まで、いよいよあと3日ですね。TAC社労士講座では、TACホームページにて本試験当日より解答速報を順次公開させていただく予定です。
○選択式 8/28(日)16:00 公開予定
○択一式 8/28(日)21:00 公開予定

詳細はコチラをご覧ください。↓
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/sharosi.html