【社会保険労務士】
「 失恋と、社労士試験勉強法についての考察 」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 失恋と、社労士試験勉強法についての考察 」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は11月25日。先週から今週にかけても、いろいろなニュースがあり話題には事欠かないのですが、それが、「社労士」とどう繋がるの?という観点から考えると、取り上げる話題にも四苦八苦しています。

野球の話を書くと、「また、野球かよ~~このブログは、社労士じゃなくて、野球応援ブログだなあ。」という声も聞こえてきそうですが、今シーズン最後の試合観戦ということで、13日に明治大学対関西大学の試合を神宮球場に観に行きました。
関西大学の応援が素晴らしく「母校愛」を感じるものでした。試合は、明治大学が勝ちましたが、応援に関しては関西大学の勝ちだったような気がします。
また、今シーズンの最終日曜日の試合ということもあり、ビールの売り子さんもいつも以上に可愛い笑顔をふりまいていたので、ついつい多めに飲んでしまいました。(反省)
明治大学は、その後も勝ち進み、5年ぶり6度目(史上最多)の日本一に輝きました。
中日ドラフト1位の柳投手の涙の力投、ヤクルトドラフト2位の星投手の150キロの快速球が印象に残りました。(久しぶりに大学野球がスポーツ新聞の1面を飾りました。)

さて、勝者の影には、必ず敗者がいます。
今年の社労士試験で言えば合格率は約4%、つまり、残りの約96%の方々は悔しい思いをしたことでしょう。

試験に落ちたときというのは、好きな人に告白してふられたときのような感覚に似ているかもしれません。
私も昨年の今頃、ヤクルト対ソフトバンクの日本シリーズの内野席チケット(前から5列目)がせっかく取れたのに、本命の女性を試合観戦に誘って断られたときは、落ち込みました。

異性にふられたとき、皆さんはどういった気持ちになりますか?ふられるのは、辛いし、悔しいものです。
でも、ふられるというのは、やはり自分に何かしら魅力が欠けていたと考えるべきでしょう。内面をもっと磨くとか、髪形を変えるとか、服装を変えるとか、とにかく何かを変えないと、ふられつづけると思います。
勉強も同じです。落ちた翌年も前年と同じ勉強方法では結果は変わらないと思います。


今年の試験で言うと、択一式は基準点を超えているのに、選択式の数科目だけが基準点に届かなくて、不合格だった人は、悔しくて悔しくて、なかなか気持ちを切り替えることが難しいことでしょう。
ただ、択一式が基準点を超えている人は、勉強方法は、間違っていないと思われますので、あとは、今の知識を維持しながら、選択式対策に重点を置いた勉強でもよいと思います。

一方、択一式が基準点に届かなかった人は、勉強方法を変えた方がよいと思います。
以下、残念ながら不合格になる人の多くの事例です。今の時期(11月)だからこそ、あえて本音のアドバイスをします。
・質問する前に自分で調べてみようとしない人。
・理屈や制度の背景にこだわるあまり、暗記の勉強を嫌う人。
・特定の科目(例えば、労働基準法)だけを、あまりにも深く勉強する人。
・過去問題を解かない人。(実は、平成28年の労一の選択式問題は、過去の択一式問題に同様の論点が問われている問題でした。)
・テキストを読むのは好きだが、問題を解かない人。
・枝葉末節までの知識すべてを理解しないと気がすまない人。

他にもいろいろありますが、直前期では勉強方法の変更をアドバイスしにくいので、今、申し上げています。

たとえば、「質問する前に自分で調べてみようとしない。」というのは、質問することそれ自体を否定しているわけではありません。
ただ、自発的に考えることを放棄しているように見えるのです。まるで、質問することが目的のように映ることがあります。
もちろん、2、3日考えてどうしても分からないというときには、おおいに質問してください。(まず、自分で考えるということが大切です。)

また、「理屈や制度の背景にこだわるあまり、暗記の勉強を嫌う。」受講生の方も多くいらっしゃいます。これも気持ちは分からなくもないのですが、社労士試験の点数には結びつかないことが多いです。
社労士試験は、幸か不幸か、マークシート試験です。記述式試験ではないので、制度の理屈や背景を知っていても、点数にはほとんど結びつかないのが現実です。
DCプランナーの1級試験であれば、制度の背景を書かせるような出題があるので、そういう勉強も必要なのですが、現在の社労士試験は、なぜか「数字」を問うような暗記問題が多いのが現状です。
平成28年の健康保険法の選択式問題も、高額療養費の数字を覚えていれば、楽々基準点の3点を取れる問題でした。
雇用保険法にいたっては、第1条がそのまま出題されました。(典型的な暗記問題)
※上に書いたことが、すべて正しいとは言いませんが、少なからず当たっているはずです。

異性にふられることと、試験に落ちることは、私の体験上は似ています。いずれも、翌年方法を変えて成功しました。
失敗した後は、何かを変えるべきだと思うのです。読者の皆様は、どのように考えますか?


つづく。