【社会保険労務士】
「 バレンタインデーと徴収法の納付期限  」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 バレンタインデーと徴収法の納付期限  」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は2月24日。2月という月は、野球も相撲もシーズンオフなので、個人的には、一番つまらない月と感じています。(ブログのネタにも困ります。)3月になれば、大相撲春場所とプロ野球が開幕(今年はWBCも開催。)するので、待ち遠しい気持ちでもあります。
ただし、中学生、高校生の頃は、2月は一番ドキドキする月でした。そう、バレンタインデーがあったからです。

小学生のころは、そんなに意識しなかったのですが、中学生のころは、とても意識しました。女子には女子の、男子には男子の緊張感が、前日の13日あたりから教室に充満していたように記憶しています。
女子の場合は、大変な思いをして、せっかく手作りチョコを作ったのに、いざ当日14日になると、勇気が出せなくて、結局渡すことができず、悔しい思いをした人も多いことでしょう。

一方、男子にとっては、とてもシビアな1日です。それまでの1年間の「男としての総合評価」がくだされる日と言っていいでしょう。期末テストよりも重要な日だったと記憶しています。中学生ですから、評価基準は、勉強であったり、スポーツであったり、笑いのセンスであったりします。

とにかく、何かに秀でる生徒が数多くのチョコをゲットしていました。私の場合は、ほんの少しですが、本命チョコをもらったことが、ささやかな自慢です。今でも、もらった手紙だけは、捨てるのは申し訳ないので保存しています。(自慢のレベルが低いですが。。。)
とにかくこの日は、歴然と、誰がモテて誰がモテないのかが分かる、そういう残酷な1日でした。

さて、告白するというのは、
①相手が自分の気持ちに気づいていないのに、告白する場合と
②相手が自分の気持ちに薄々気づいていて、告白する場合と
大きく2つの場合があると思います。
②の場合のように、相手が気づいている場合は、確認の意味でするということで、さほどドキドキはしないと思いますが、①の場合のように、相手が自分の気持ちに気づいていないのに、告白する場合は、少々ドラマチックでもあります。

受け取る男子の視点で考えると、予想外の人から告白されると、「好意の返報性」と言われる心理状態がはたらきます。チョコが、きっかけで、相手を好きになることがありました。

「好意の返報性」というのは、「自分が好意を示すことによって、相手も好意を示してくれる」というものです。人は他人から何らかの施しを受けた場合には、何かお返しをしなければならないという感情を抱くという心理があるのですが、それを愛情で置きかえると「好き」と言われると、こちらも相手を「好き」になっていくというわけです。

一般的に、好きだと言われれば、もちろん悪い気はしませんし、そればかりか、それまで何とも思っていなかった人でも、親しみがわいてくるものです。
ですので、恋愛に奥手の人は、是非ともこういうイベントを上手く利用するべきだと思うのです。
勇気を出して告白すると、結果はどうであれ、全体として前向きになり、良い方向に歯車が回りはじめる傾向にあります。

少子高齢化対策として、政府は、育児休業期間の拡大や保育園の増加などの対策を打ち出していますが、今の若い人を見ると、それ以前の、そもそもの相手がいない。相手を探そうと努力をしていないような気がします。結婚率が上がれば、自然と少子高齢化は改善していくと思うのですが。。。

さて、そろそろ社労士ネタに入らないと何のブログか分からなくなるので、ようやく本題に入りますが、「2月14日」と、社労士試験とどう結びつくのか、分かりますか?
正解は、徴収法の概算保険料の延納のところで出てくる日にちです。
(概算額で申告・納付する労災保険料、雇用保険料のことを、概算保険料と言います。)


継続事業(事業の期間を定めない事業、つまり、一般の事務所や工場など、翌年以降も事業が続いていく事業のことです。)で考えると、通常は、1年に1回、7月10日までに概算保険料を納付するのですが、一定の要件を満たしていれば、この概算保険料を3回に分けて納付することができます。
つまり、1年度を3期に分けて、その期分の概算保険料を所定の期限までに納付するというルールです。それをまとめたのが、次の表です。

各期の区分納付期限
第1期4月1日~7月31日7月10日
第2期8月1日~11月30日10月31日(11月14日)
第3期12月1日~翌年3月31日翌年1月31日(2月14日)


なお、上表が原則の納付期限ですが、労働保険事務組合に事務処理を委託している場合は、第2期、第3期の納付期限は、それぞれ、11月14日、2月14日と、原則の期限より14日ずつ遅く設定されています。この箇所は、本試験で問われることが多いので確実に覚えておきましょう。(受験生当時は、ジム・バレンタインと覚えていました。似たような名前の女優さんがいたので。)
※日にちの問題は、何かと関連付けて記憶すると忘れません。

つづく。