【社会保険労務士】
「 社労士試験 暗記方法など 」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 社労士試験 暗記方法など 」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。このブログも私が書き始めて節目の50回目を迎えることができました。これもひとえに読んでくださる皆様のおかげです。今後ともよろしくお願い申し上げます。

今日は5月12日ですが、GWが終わったあとの最初の1週間、皆様はどのように過ごしていらっしゃいますか?仕事や勉強の調子はどうでしょうか?
5連休以上もしてしまうと、体もだるく、頭も冴えず、何となく精彩を欠いた1週間だったかもしれませんが、これから先は、幸い?祝日も少ないので仕事のリズム、勉強のリズムを乱すことなく、順調に進められるものと思います。

さて、GWですが、私の家に妹夫婦と姪っ子が遊びに来ました。姪っ子は、6歳と2歳で、6歳の子はこの4月から小学校に通い始めました。入学して1か月間、友達もたくさん出来て、勉強もとても楽しいとのこと。6歳ともなれば、もう普通の会話も出来ます。子どもの言語能力は加速度的に増していきます。
そんな中で、幼稚園のときに習った、驚くべき暗記力(暗唱)を披露してくれました。宮沢賢治の「雨にもまけず」の全文暗唱です。

雨にもまけず
風にもまけず
雪にも夏の暑さにもまけぬ
丈夫な体をもち
欲はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きしわかり
そして忘れず
野原の松の林の蔭の
小さな萓ぶきの小屋にいて
東に病気の子どもあれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行って怖がらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないから止めろといい
ひでりのときは涙を流し
寒さの夏はオロオロ歩き
みんなにデクノボーと呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういうものに
私はなりたい


これを6歳の姪っ子が暗唱したのです。私は思わず「天才!!」と叫んでいましたが、よくよく聞くと、その幼稚園の卒園生の大半は暗唱ができるとのこと。。。
もちろん意味は分からないで言っている言葉もあるでしょうが、6歳の子どもでも毎日練習すれば、これだけの長文を暗唱することができるというのは、子どものいない私にとっては衝撃的なことでした。

それと同時に私自身の学習理論に誤りはなかったと再認識しました。姪っ子が記憶できたのは、「耳」からの学習です。6歳なので漢字は読めませんし、ひらがなも完璧ではありません。姪っ子によると、幼稚園の先生のあとを追いかけて何度も言葉に出して覚えていくとのことでした。また、2歳になったばかりの姪っ子も少しずつ話を始めています。この子は牛乳が大好きなのですが、毎回必ず、「ばあば、ゆうにゅう、ゆうにゅう」と言います。「ぎゅうにゅう」という発音ができないので、「ゆうにゅう」と懸命に発しています。「かぼちゃ」のことは「くぼちゃ」と発音したりしています。いずれも「耳」から学んでいるのです。

受講生の皆様も講義に出席したときは、黒板の板書に必死にならずに、「講師の言葉」に集中してください。これは先日のテレビ番組で京大出身インテリ芸人の宇治原さんも同じことを言っていました。(動画サイトで探すと出てきます)「耳に集中することが一番」とのことです。

さて、姪っ子と社労士試験の内容とどう関係があるのか?ですが。

国民年金法のところで、「未支給年金」が出てくるのは覚えていますか?未支給年金というのは、年金の受給権者が死亡した場合に、その死亡した者に支給すべき年金でまだその者に支給しなかったものがあるときに、残された遺族に「未支給年金」が支給されます。
この未支給年金を請求できる遺族の範囲を覚えていますか?ここはよく試験で出る箇所なので必ず覚えてください。

正解は、その者の配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹及び3親等内の親族であって、その者の死亡の当時、その者と生計を同じくしていた者です。

姪っ子というのは、ちょうど3親等です。ですから、将来、私が死んだときには姪っ子に未支給年金の受給権が発生する可能性があります。
ちなみに従兄弟は4親等なので、間違えないようにしてください。

つづく。