【社会保険労務士】
「 社労士試験 変わった語呂合わせ方法? 」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 社労士試験 変わった語呂合わせ方法? 」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は6月9日。先週は、卓球の世界選手権があり、日本選手は大活躍で、私もテレビに釘付けでした。メダル獲得者が多すぎて、選手の名前を覚えきれないほどの活躍でした。

石川・吉村ペアのミックスダブルスの決勝戦、第4ゲームを終えて1対3で敗色濃厚の段階から、残り3ゲームを連取しての大逆転勝利での金メダル獲得も感動的でした。

さらに13歳の張本選手の活躍は、世界に衝撃を与えたことでしょう。シングルス2回戦で、日本のエース水谷選手を撃破したのは、とりわけ衝撃的でした。
水谷選手は、昨年のリオ・オリンピックの個人銅メダルを獲得した選手です。その水谷選手相手に、4対1の完勝。その後も勝ち進み、ベスト8まで勝ち残りました。準々決勝で敗退した後のインタビューを聞いても、世界のベスト8でも、不服?のような感じで、目標は、はっきりと「2020年、東京オリンピックでの金メダル」と言い切るところは、末恐ろしい選手だと思いました。

その強気の発言は、少し過激にも感じましたが、世界でメダルを争うレベルの選手になるのには、それくらいの闘争心が必要だと思いました。

私は、サッカーの話題を取り上げないのですが、それは、日本選手がワールドカップに出ることに満足しているように見えるからです。サッカーは、メジャースポーツなので、それほど強くなくても、マスコミの取材を受けるので、目標が低くなっているように見えるのです。

一方、卓球は、世界でメダルを取らないと話題にならない。そのあたりが、選手のやる気。目指すべき目標の違いに明確に表れているように思えるのです。

さて、今回の日本選手の中で、一番人気があったのが、女子シングルスで48年ぶりの銅メダルを獲得した、平野美宇選手です。
平野選手は、昨年のリオ五輪では、控えメンバーだったわけですが、その悔しさをバネにして、この1年間、急成長をし、今や日本のエースと呼べるでしょう。
1月の全日本選手権で石川選手に勝ち、日本一を獲得すると、4月のアジア選手権では、中国の強豪選手を続けて倒して優勝し、「ハリケーン平野」の愛称がつくほどにまで、海外メディアにも認められました。
その人気のわけは、競技スタイルだけではなく、試合後のインタビューが面白いこともあります。平野選手は、アイドルグループ「乃木坂46」の大ファンで、握手会にも参加するほどのファンだというのですが、一般のファンに混じって、平野選手が握手会に並んでいるのは、さすがに違和感があるように感じました。(平野選手の方が、世界的には、握手を求められる側だろうと思うのですが。。。)最近では、その活躍により、並ばなくてもよくなったようです。

というわけで、今週取り上げる数字は「46」です。

46と言えば、厚生年金保険法の在職老齢年金の支給停止調整額の46万円です。
在職老齢年金には、60歳台前半の低在老と、60歳台後半の高在老と、2種類あります。どちらも計算式があり、それぞれ異なっているので、注意が必要です。
また、最近の本試験は、計算問題も出題されるので、普段から慣れておくことが大切です。


たとえば、60歳台後半の高在老で、例題を出すとすると、
老齢厚生年金の基本月額=150,000円
標準報酬月額 = 360,000円
賞与は、0円。この場合の支給停止月額は、いくらか分かりますか?

正解は、
(150,000円+360,000円-460,000円)÷2=25,000円
というわけで、支給停止月額は、25,000円となります。
本試験は電卓の持ち込みが禁止なので、普段からの練習が必要です。

なお、支給停止調整額=46万円を覚えていないと問題は解けないのですが、47万円か?46万円か?迷ったときの忘れない覚え方としては、
支給停止調整額=乃木坂46と覚えておけば、
「あ、46か!」となるでしょう。

ただし、乃木坂46を知らなければ、覚えるきっかけにはなりませんが。。。
(欅坂46でもいいですよ。)

つづく。