【司法試験】勉強日誌~合格までの道のり~

 

2016.10.3

 

今月は、2015年10月の月間・週間スケジュール、10月中の1日の流れ、論文(憲法)の勉強方法(各論)、ロースクールの講義の予習・復習について紹介します。


さて、まずは、2015年10月の月間予定について紹介します!


2015年10月から2016年1月まではロースクールの講義があるので、その予習と復習が主な勉強内容になります。この時期のロースクールの講義は演習が中心となるので、可能な限り司法試験対策につながるように取り組みました。例えば、刑法や刑訴法の講義では、事前に問題が配布されるので、司法試験を意識して2時間で答案を書き、その作業を予習としました。講義では、先生の解説を聞きながら、自分の書いた答案に赤ペンで訂正等を行いました。これら一連の作業により、刑法・刑訴の苦手意識が徐々になくなっていったと思います。


2016年2月から各科目のまとめノートを作ろうと考えていましたが、その時期にまとめノートを作成するのでは2016年3月半ばの模試に間に合わないと思い、2015年10月頃から各科目のまとめノートを作り始めました(最終的に作成したのは、憲法、商法、民訴、知的財産法のみです)。まとめノートには、司法試験本番の休み時間中に見直せる程度の量で、処理手順や基礎知識、判例の簡単な事案と判旨、演習書中の参考になる記載等をまとめました。

司法試験対策としては、演習書(各科目1冊程度)に取り組むほか、司法試験論文試験の過去問について答案構成を行いました。

 

実施月

実施内容

201510

・ロースクールの講義の予習・復習がメイン

(レポート、中間試験対策、模擬裁判準備など)

21時から23時過ぎまで、毎日択一を解くようにした。

知的財産法

・論証作成

商法

・まとめノート作成

憲法

・まとめノート作成


10月頃から、私の周りでは本格的に司法試験対策を始める受験生が増えてきました。周りの受験生から刺激を受けて勉強に対するモチベーションが一時的に高まることもあると思いますが、すぐ息切れしてしまう可能性があるので、やはり自分の立てた勉強計画を淡々とこなすことが大切だと思います。


次回は、10月の週間スケジュールをご紹介します!