【司法試験】平成28年司法試験「採点実感等に関する意見」を読んだ感想

 


2016.11.22

 

先日(11月18日)に法務省から、「採点実感等に関する意見」が公表されました!

確か、昨年は年明けに公表になっていたので、今年は早いなという印象です(昨年は色々あったのでしょうがないですが…)。

 

まだ、詳細に読めてはいないですが、ざっと読んだ感想を以下にお伝えします!

 

<憲法> 

警告・禁止命令による移動の自由の侵害を論じた答案につき、消極的な評価がされていました。ただ、受験生心理では、迷っている暇がないので書くしかないかなと思いました。

それと、検察官の反論について求められるのが「簡にして要を得た記述」とありましたが、これは、ちゃんと書く訓練をしないとなかなか難しいと思いました。

 

<行政法>

例年通り(特段新しい情報はないかな…)と思いました。

 

<民法> 

今年の問題は、知識量やあてはめの上手さ、論述量で勝負が決まるような問題ではなく、法律構成の選択やその後の処理の仕方で評価が大きく分かれたということが分かりました。というのも、〔設問1〕(1)で、そもそも代理権濫用の処理ができていない答案が「散見」されたり、(2)で、94条2項類推適用ではなく177条の問題とする答案が「かなりの数」見られたり、〔設問2〕(1)で、90条を論じずに708条を論じる答案が「かなり」見られたりして、それらに対しては「民法の基礎的な理解に欠けるものとして消極的に評価せざるを得ない」「民法の基礎的な理解に問題があるものと言わざるを得ない」「制度の相互関係を体系的に理解していないという評価をせざるを得ない」などと述べられているためです。

 

<商法・民訴法> 

まだ、細かく読めていないので、感想は後日書こうと思います。 

 

<刑法・刑訴法>

受験生の意表を突かれるような感覚はありませんでした。また、採点実感等のコメントが丁寧で講義みたいです。なお、刑法で、論証パターンを忌み嫌うコメントが例年にも増して顕著な印象でした。 

 

科目にもよりますが、採点実感から読み取れる情報はたくさんあります!ぜひ、来年の試験に向けて読んでみてください。 

 

 

2016.11.23追記

商法と民訴法について、採点実感を読み込んでみました!(内容について触れたところ、商法が長文になってしまいました…) 

 

<商法>

今年の問題は、問題文の事情をどれだけ使えたかと判例の正確な理解をどれだけ紙面上で表せたかで勝負が決まったと思われます。

まず前者については、採点実感の〔設問3〕部分でやたら「事実等の拾い上げ」や拾い上げた事実の「評価」の不十分さが指摘されていたことからも明らかで、確かに〔設問3〕では内部統制システムにまつわる取締役の義務についての理解を示すという理論的側面での勝負所もあったわけですが、仮にそれに触れずとも、とりあえず会社法第362条第5項,第4項第6号さえ挙げられていれば「一応の水準」には到達すること自体は可能であったように思われます(cf.〔設問3〕の「一応の水準に該当する答案の例」:「取締役会の内部統制システムの整備の決定義務や取締役の善管注意義務及び忠実義務と,取締役の内部統制システムの決定義務並びに代表取締役等の内部統制システムの構築義務及び運用義務との関係について言及されていなかったり……(中略)……するため,一定の評価を与えるにとどまっている。」)。

問題は後者です。今年の採点実感を見ると、〔設問1〕において、やたら「判例を意識」し、判例の表現を正確に再現しろと言われているように思えました(例年もしつこく「判例」「判例」と言われていますが、特に今年は執拗さを感じました)。すなわち、採点者に少しでも判例からずれていると判断されるような書き方(極端に言えば、判決文通りでない表現)をすると、検討内容がそれなりに同じでも点数が伸び悩むということです。自分としては、〔設問1〕について、〔設問3〕の失態をある程度取り戻すぐらいの上出来ではないかと思っていたのですが、確かに、〔設問1〕についての僕の書き方は正に判例通りというわけでもなかったので、主観と点数が一致しないという事態になったのではないかと考えられます。

 

<民訴法>

今年の問題は、典型論点と応用論点の難易度の差が激しく、典型論点をどれだけ落とさずに書けたかで勝負が決まったように思います。具体的には、〔設問1〕は全体的に、〔設問2〕は課題2が、〔設問3〕は下線部分②が比較的受験生の出来の良かった箇所(=典型論点)で、さらにいえば、〔設問2〕の課題2や〔設問3〕の下線部分②は、設問全体が難しいゆえに面食らって簡単な箇所を見抜けなかったという受験生も想定されるのに対し、〔設問1〕は全体が典型的だったため、ここが不十分だと点数が伸び悩むと思われます。