【司法試験】

H29司法試験合格者日誌

~答練・模試の受講~


こんにちは。

 

前々回の続きで,4Aで予備試験に受かるまでの私自身の勉強方法を書かせて頂きたいと思います。

 

中村先生の講座を購入してから翌年の予備試験の論文式試験を受けるまでに,私は具体的に以下の勉強をしました。

 

ア 4A論文解法パターン講義の予習

イ 講義を聞く

ウ 基本書・演習書を何冊か通読

エ 司法・予備短答過去問のうち,行政法・民法・商法・民訴法・刑訴法を繰り返し解く

 答練・模試の受講

カ 予備試験の論文式試験の法律実務基礎科目の全過去問について答案を書く

 

今回はについて説明したいと思います。

 

正直,私は司法試験・予備試験対策の中で,オが最も有効なものだと考えています。 というのも,試験対策として一番重要なのは「本試験現場で合格答案を書けるようになるための勉強」であり,本試験現場で答案を書くことに最も近い勉強の一つは答練・模試で本試験型の問題を使って実際に答案を書くことだからです。

 

もちろん,更に本番に近い勉強として「過去問を使って実際に自分で答案を書いてみること」が挙げられますが,これには①書くモチベーションを維持するのが難しい②時間管理がルーズになってしまいがち(ちょっとぐらいオーバーしても……という甘えが出てしまう)③他人の客観的評価を受けるのが難しいという難点があります。

 

答練や模試は,「時間どおりに答案を書く」という状況に半ば強制的に自分の身を置くことができるので,特にサボり癖のある方にぜひお勧めです(逆に,ちゃんと自分を律することができる方は,わざわざ予備校の答練を受講する必要まではないかもしれません。ただ,自分の答案を客観的に他人に評価してもらう必要はあると思います)。

そういう意味で,もし予備校の校舎が自宅から近ければ,ぜひ通いのコースを受講されるべきだと思います(もちろんこれも,ちゃんと自分を律することができる方は,在宅受講で問題ないと思います)。

 

ちなみに私は,予備試験の論文式試験で不合格となった平成26年は答練・模試ともに受講しておらず,合格した平成27年は答練・模試ともに受講していました。そして,司法試験に不合格となった平成28年は答練は受講せず模試だけ受け,合格した今年は答練・模試ともに受講していました。

私の経験を見て頂ければ,特に答練の重要性を理解して頂けると思います(少なくとも私にとっては模試だけでは不十分だったようです)。

 

なお,答練・模試の成績について,「予備校の答練・模試の問題は,本番の問題と出題傾向がずれているから,これができても意味がない,できなくても問題ない」という言説があります。 もちろん,成績が良いに越したことはありませんが,上記の趣旨からして,別に良い成績を取るために答練・模試を受けるわけではありません。 成績を気にしすぎて,「答練・模試の成績を良くするためだけの勉強」(マイナーな裁判例を読み込むなど)を過去問学習より優先してしまうと本末転倒です。 とはいっても,私自身,司法試験に不合格となった年はとある二つの予備校の模試でD・E判定を受けましたが,今年はA・B判定を受け,「模試の成績は本番の合否に無関係」と強弁し辛い立場にあります。 結局,答練・模試の成績に対しては,「ある程度気にしつつ惑わされすぎない」というスタンスが最も良いのではないかと思います。

 

また,「採点・添削の質はどうか」という問題もあります。 これについても,私は,結局採点者によるとしか言えないと思います。 私自身,採点の結果・添削の内容に憤ったことは何度もあります。 例えば,答案の最初の方はきれいな字で書いていたのに,最後の方で時間がなく乱れた字になってしまったときに,乱れた字の部分に「字が汚い」などと書いてあった時です。 しかし,これも書き方の問題で,「答案の最後の方で字が汚くなっています。時間がないのは分かりますがここまで汚くなると本番で採点されない可能性があるので注意しましょう」と書いてくれた採点者もいて,これであれば寧ろ時間が無くなったときの自分の字の汚さを省みる契機になりました。 ということで,あまり精神衛生によろしくない採点・添削は無視して,親身になって書いてくれているものだけを参考にするというスタンスで良いのではないでしょうか。

 

次回はカについて説明します!

 

次回に続く!!