【弁理士】ビールの世界を極める:サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」

 

 弁理士試験受験生の皆様。こんにちは。TAC弁理士講座担当の齋藤晶子です。

 今回のテーマは、「ビールの世界を極める:サントリー「ザ・プレミアム・モルツ」」です。

 今回はサントリーのビール市場を世に知らしめたプレミミアムビール、「プレモル」でおなじみの「ザ・プレミアム・モルツ」についてお伝えします。

元々は東京都府中市の武蔵野ビール工場で開発された限定品です。
2004年10月、「ヨーロッパで戦わせるために権威のあるコンテストに出品せよ」という常務(当時)の指示により、モンドセレクションにエントリーし、その結果、2005年に「ザ・プレミアム・モルツ中瓶」でモンドセレクションの「ビール部門グループI」で国産ビール製品初の最高金賞を受賞。以後、2007年現在3年連続して最高金賞を受賞しています。それにより生産終了の可能性があったザ・プレミアム・モルツは見事に息を吹き返し、2008年にはヱビスビールを抜いてプレミアムビールNo.1ブランドになり、さらに同年にサントリーが1963年のビール事業開始以来初となる「ビール部門の単年度黒字」を達成する要因にもなりました。

では、おいしさの3つの秘密とは・・・

1.ビール工場は天然水が地下に眠る場所
 ビールは約90%が水です。美味しいビールをつくるため「天然水醸造」にこだわっていますよ。

2.「ダイヤモンド麦芽」と「ダブルデコクション製法」
 プレモルは「ダイヤモンド麦芽」を使用しています。
「ダイヤモンド麦芽」はうまみ成分たっぷり。でも硬いので、味わいを引き出すには時間と手間がかかります。でもサントリーは妥協しません。
釜で煮出しを2回行う「ダブルデコクション製法」により、深いコクを引き出していますよ。
  因みに、「ダブルデコクション製法」とは、仕込釜で煮沸工程を2度繰り返すことで濃厚な麦汁を作り出す製法です。

3.「アロマリッチホッピング製法」
 華やかな香りは「欧州産のアロマホップ」が欠かせないのです。
原産地チェコの農家から低温輸送しています。
さらに、約10年もかけてホップを追足すようにして投入する「アロマリッチホッピング製法」により、忘れられない香りを引き出します。

サントリーの「プレモル」の美味しさを引き出すためのビールの製法等に関する発明について多くの特許取得がされていますよ。
例えば、「脂質を除去処理したビール製造用麦芽、該麦芽を用いたビール及び該ビールの製造方法」(特許3255962号)、「ホップの抽出物及びその製造方法、及び芳香性の高いビールの製造方法」(特許3513877号)、「ビールの製造法」(特許3824326号)などです。

では続きは次回のお楽しみ。


 



お知らせ


「TAC式超高速カリキュラムで最短合格無料セミナー」
来年春から弁理士試験合格を目指す方に向けて、
・弁理士試験とはどんな試験?
・試験制度はどんな感じ?
そして、
・どうすれば合格効率よく合格にたどり着くことができるのか?
・さらに、どんなカリキュラムで無理なく合格を掴むことができるのか?
について、お教えしますよ。
是非、いらしてください。