【弁理士】
「C‘mon Baby ○○○♪」


 弁理士試験受験生の皆様。TAC弁理士講座担当の齋藤晶子です。

 今回のテーマは「C‘mon Baby ○○○♪」です。

 今年はテレビでも街中でもネットでも「「DA PUMP」の「U.S.A」」は大ブレイクでしたね。毎日のように「C‘mon Baby アメリカ♪」を耳にしました。
 踊りも「ダサかっこいい」として話題になり、「U.S.A」の歌と踊りを色んな方がYou Tubeでアップされていました。替え歌にして、地方のPR動画もいっぱい。
 今年の流行語大賞に「ダサかっこいい/U.S.A.」がノミネートされていますよ。
 今年の大晦日の紅白出場決定もあり、まさに、「DA PUMP」は今年の顔。ですね。
 今は忘年会シーズン真っ盛りですが、忘年会の二次会のカラオケでも「C‘mon Baby アメリカ♪」で、歌って踊って盛り上がりそうですよねー。
 今回は、今年の「「DA PUMP」の「U.S.A」大ブレイク」の秘密を分析し、それを合格論文作成戦略に繋げる方法をお伝えしますね。

1.「U.S.A」大ブレイクの理由は・・・

(1)わかりやすい

 なんといっても「「DA PUMP」の「U.S.A」」は、メロディも踊りも「わかりやすい」です。
 「わかりやすい」から脳裏に焼きつきます。自然と口ずさんでしまいます。
 過去にも「わかりやすい」というのが理由での大ヒット。結構ありましたよ。
 たとえば、2013年の大ヒット「AKB48」の「恋するフォーチュンクッキー」そうです。
 「わかりやすい」歌と踊りで、みんなも真似しやすいです。
 私は音楽に関して専門的なことは全くわからないのですが、やっぱり「わかりやすい」と幅広い年齢層に支持を集めますよね。
 人は「わかりやすい」ものに吸い寄せられてしまいます。
 「わかりやすい」ものを見たり聞いたりすると、ほっとするんですよね。
 歌だけでなく、飲食店の集客も「わかりやすい」という要素は大事です。
 今話題の大繁盛飲食店「いきなりステーキ」もそうです。
 「いきなりステーキ」は、「立ち食い」で回転率をよくし人件費をカットし、「常識破り原価率の高さ」が売り。そしてこのコンセプトがすごく「わかいやす」く伝わります。
 お客様は「わかりやすい」ものに吸い寄せられ、「わかりやすい」ものにお金を落とすものですよ。


(2)期待通り

 「C‘mon Baby アメリカ♪」のメロディは「わかりやすい」からすぐに記憶に残ります。記憶に残っているフレーズって、聞くたびに「期待通り」にサビのところに来ると、安心します。
 ヒットするものって、「わかりやす」くて、「期待通り」に期待したことが起こるものが多いです。
 例えば、関西の吉本新喜劇もそう。今は関西だけでなく東京でも公演されていて、大人気ですよね。新喜劇もここで「ギャグくるぞ」と見ている方に構えができていて、そして、「期待通り」に「キタ」でほっとして「笑う」なんですよね。
 実は長寿ドラマ「水戸黄門」もそうです。お約束の時間に「期待通り」に印籠が登場し、なんかほっとする。しかも「期待通り」の勧善懲悪です。
 ちなみに、この秋のドラマ高視聴率 “トップ3”は、『相棒』、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』、『下町ロケット』とのことです。これらも全て「期待通り」の勧善懲悪で水戸黄門系ドラマなんです。


2.「C‘mon Baby ○○○」

 これは、実は弁理士試験の論文式試験でも同じです。論文式試験の答案を添削するのは試験委員の先生方ですが、先生方は「人」です。
 みなさんの答案は「人」が見るのです。だから、その「人」が吸い寄せられるものであることが重要です。
 人が吸い寄せられるものは、「わかりやすい」ことと「期待通り」であることです。
 論文式試験の合格を掴むには、短答式試験レベルの条文の知識が必要です。でも、いくら条文の知識や理解があってもそれを適切に伝えないと点はつきません。だから見せ方が大事です。
 知識があり理解していることを伝える手段は「わかりやすい」言葉で、「わかりやすい」フォームで書く必要があります。
 だから、論文式試験の答案は、読みやすく「わかりやす」く、「ここに解答があります」ということが一目瞭然であり、「期待通り」に問題で問われていることにストレートに答えていることが必要です。
 これがあれば、先生方は答案にリズミカルに「○、○、○」をつけてくれて点数が加算されていきます。
 そのノウハウは論文解法マスター講義でお伝えしています。上級論文本科生のコースですとWEB配信の講義で今でもご受講できますよ。
 論文答案練習会シリーズ でも皆様にご紹介しますよ。
 読みやすい答案とはどんな答案なのか、実際の受験生が書いた答案なんかも見ながら、皆さんの論文の書き方の技術を習得できます。 是非ご活用ください。




お知らせ

「講座のご案内」
来年の最終合格を目指す方。是非、早めに論文を書く練習をし、スキルを向上させていきましょう。論文式試験は相対評価なので、他の受験生はどんなことをどこまで書いているのかを理解し、その上で何を高い優先順位で書いていくのか把握して、戦略を練る必要がありますよ。
そこで、是非、論文答練本科生のコースをご活用ください。