【弁理士】
「ガチ丸暗記をしたくない方必見☆ズボラ条文読込み術(その2)」


 弁理士試験受験生の皆様。TAC弁理士講座担当の齋藤晶子です。

 今回のテーマは、「ガチ丸暗記をしたくない方必見☆ズボラ条文読込み術(その2)」です。

今回は、「N型」について簡単にご説明いたしますね。

2.N型

代表的な例は、特108条2項本文の第4年以後の各年分の特許料です。
「第4年以後の各年分の特許料は前年以前に納付」が大原則ですね。
そして、
「上記期間経過後であっても、その期間経過後6月以内に追納でき(特112条1項)」
この場合は
「特許料と同額の割増特許料を納付しなければならない(特112条2項)」
もしこれをしない場合は、
「特許権は、特108条2項本文の規定する期間経過時まで遡及消滅したものとみなされる(特112条4項)」
しかしながら、
「特112条1項の期間内に特許料と割増特許料を納付できないことについて
① 正当理由ありで、②経済産業省令で定める期間内
であれば、追納でき(特112条の2第1項)」、
「特108条2項本文の規定する期間経過時に遡及して存続していたものとみなされる(特112条の2第2項)」

のパターンです。
他法域ですと、
実32条2項の第4年以後の各年分の登録料は
→実33条1項→実33条2項→実33条4項
→実33条の2第1項→実33条の2第2項

意43条2項の第2年以後の各年分の登録料は
→意44条1項→意44条2項→意44条4項
→意44条の2第1項→意44条の2第2項

もこのパターンです。

ここで、特112条の2第1項では「経済産業省令で定める期間内」
となっているところが、「実33条の2第1項」「意44条の2第1項」では
「その理由がなくなった日から2月以内でその期間の経過後1年以内に限り」
となっていて、ちょっと気になるところですが、
特112条の2第1項の「経済産業省令で定める期間内」についての施行規則(特施規69条の2第1項)には、
「正当な理由がなくなった日から2月とする。ただし、当該期間の末日が特112条1項の規定により特許料を追納することができる期間の経過後1年を超えるときは、その期間の経過後1年とする」
と規定されているので、実質同じですね。


主要四法で、特・実・意はパターンが同じでシンプルです。
ここで、以上になります。
商標法は、ちょっと変化球ありですので、やや複雑になります。
でも、このパターンですっきり解決できますよ。
次回からは、商標法に焦点を絞り、料金納付期限について、じっくり解説します。


お知らせ

 2022年・23年合格目標 初学者コースのご案内
 いよいよ、TAC弁理士講座の2022年・23年合格目標の初学者対象コースが販売開始になりました。
 ただいま、早割キャンペーンを実施しています、受講料割引に加え先取りWeb学習が付いているので、絶対にお得です。
 また、3/20(祝・土)、30(火)にオンラインセミナー、3/27(土)に新宿校で、3/28(日)に渋谷校でライブガイダンスを実施します。お気軽にご参加くださいね。