【弁理士】
「ガチ丸暗記をしたくない方必見☆ズボラ条文読込み術(その3)」


 弁理士試験受験生の皆様。TAC弁理士講座担当の齋藤晶子です。

 今回のテーマは、「ガチ丸暗記をしたくない方必見☆ズボラ条文読込み術(その3)」です。

今回は、もっとも厄介な商標法について学習します。
商標法は、通常の出願について、通常の登録料、更新登録料、そして、このそれぞれに一括納付での登録料、前期分割登録料、後期分割登録料がありますよね。
さらに、防護標章登録出願があり、これについても通常の登録料、更新登録料があります。つまり、全部で8種類あります。
でも、ご安心ください。前回ご紹介した「N型・T型」で一気に解決しますよ。
色々な料金納付があるからって、それを個々に覚えると膨大な勉強量が必要となってしまいます。
共通している「同類項」はグルーピングして処理しましょう。

1. T+α型

商標法では、「T型」ではなく、「T型+α型」となります。
他法域の「T型」よりもワンステップ多いです。
「T型」の典型例の流れは、
「特108条1項→特108条3項→特108条4項
更に4条延長」

 でしたが、例えば、
商標法での通常の商標の登録料(一括)
「商41条1項→商41条2項→商41条3項→商41条4項
更に4条延長」

 となります。
 「+α」とは「商41条3項」の部分です。
 「商41条3項」では、
 「商41条1項の期間内(同3項の延長があったときは延長後の期間内)に
 登録料納付できなくても「経済産業省令で定める期間内に限り」納付できる」

 となっています。
 さらに「商41条4項」の追完もあるので、手厚い保護ですねー。
その他の商標法での「T型+α型」は
(1)通常の商標の登録料(前期分割登録料)
商41条の2第1項→商41条の2第2項→商41条の2第3項
→商41条の2第4項
(2)防護標章の登録料
商65条の8第1項→商65条の8第3項→商65条の8第4項
→商65条の8第5項
(3)防護標章の更新登録料
商65条の8第2項→商65条の8第3項→商65条の8第4項
→商65条の8第5項

  ここで、ちょっと注意!
 「(3)防護標章の更新登録料の商65条の8第2項」ですが、
原則、「防護標章登録に基づく権利の存続期間の更新登録をすべき旨の査定又は審決の謄本の送達があつた日から30日以内に納付」
ですが、かっこ書の例外がありますよ。
「防護標章登録に基づく権利の存続期間の満了前にその送達があつたときは、存続期間の満了の日から30日以内に納付」ですよ。
こういうの、特に短答式試験で狙われやすいので、ご注意くださいね。
ちなみに、
「商41条3項」、「商41条の2第3項」、「商65条の8第4項」「経済産業省令で定める期間」は、「その期間経過後2月」です(商施規18条5項、6項、7項)

では、次回は「N型」についてお伝えしますね。




お知らせ

「TACの2020年、2021年合格目標コース、まもなく開講」
2月末から今年2020年、2021年の合格に向けた初学者向けのコースが開講しています。
また、無料公開セミナーや合格者を招いた特別イベントも各校舎で開催しますよ。
セミナーでは、
・弁理士試験とはどんな試験?
・試験制度はどんな感じ?
・どうすれば合格効率よく合格にたどり着くことができるのか?
になどついて、お伝えしますよ。是非、いらしてください。