【弁理士】
合格する人しない人。この差って何?
(お勉強編その1)


 弁理士試験受験生の皆様、こんにちは。TAC弁理士講座専任講師の齋藤晶子です。

 今回のテーマは「合格する人しない人。この差って何?(お勉強編その1)」です。

 今回は、「お勉強の面」からお伝えしていきます。

2.勉強編

(1)昨年の論文式試験はどんな出題?

  元々、逐条的な条文の出題がされる傾向にあるのは「短答式試験」、体系的な条文の出題がされる傾向にあるのは「論文式試験」ですが、昨年の論文式試験は特に「その体系的」という色彩が強いものでした。逐条的に条文を一つ一つ丁寧に読み込みつつ、あるテーマで色んな条文に跨って出題者が欲しい解答を拾うことができる力が問われていましたね。特に意匠がそんな感じでした。決して複雑な事例問題であるわけでもなく、難しい判例が出たわけでもないのに、奥が深い難問でした。短い文章のなかの一つ一つの文言に出題の意図が組み込まれていて、これを全て読み取った方は極稀だったかと思います。
 そうはいっても、やはり昨年も意匠は難問でした。しかも、法改正の問題が早くもバッチリ出題され、衝撃でした。ただし、難問である科目は点数差があまりでないです。特許は、問題Ⅰも問題Ⅱも、色んな条文や論点が次々展開していく感じでした。意匠と異なる点は、問われ方が小問形式になっていて結論が明確でしたので、答えやすい形になっていました。
 したがって、合否はこの特許で大きく分かれたという感じですね。結論が間違えていると大きく点数が下がる感じでした。しかも、条文の勉強としては基本中の基本ですが、原則と例外が理解していて、そこを解答用紙に反映し基礎がきっちり固まっていることのアピールができていることがポイントです。商標は例年通り意表を突いた問題でしたねえ。まさか4条1項3号が出題なんて。
 これって、短答マターでしょ?と思い込んでませんでしたか?そして、ここが最近の流行りのパターンで、趣旨は条約を関連付けるとポイント高いという問題でした。条約を主要四法とリンクさせて勉強する体系的な理解が問われていました。論文式試験の問題って、つくづく、受験生を揺さぶらせるのが上手ですよね。



(2)再現答案から見た不合格者の傾向

  再現答案と特許庁から送られてきた点数を照合した結果から、不合格の方の傾向がちょっと見えてきました。昨年は不合格者の方に例年にない顕著な特徴がありました。昨年の特徴は、不合格の方は、「意匠」で落としていた、とか、科目という切り口でみた特徴はないです。しかしながら、特許や商標で、条約関連の問題が出題されているところで、点数を落としている方が多かったです。あとは、短答免除の方は法改正関連の問題を落としていました。今後は、論文対策であっても条約は主要四法を関連づけて学習を進めること、また、法改正対応は万全にしておくといいですよ。意匠はネタ切れ傾向にあるので、法改正を積極的に出題していくようですよ。




TACからのお知らせ

 2022年・23年合格目標 オンライン講座説明会・初学者コース開講のお知らせ  本日6/3(木)には、オンライン講座説明会を実施します。
 また、6/5(土)には渋谷校、6/6(日)には新宿校でそれぞれ講義がスタートします。講義は、無料体験できますので、お気軽にご参加ください。