【ビジ法】
2019「第46回試験・3級総括」


TACビジネス実務法務検定試験®講座
専任講師 田畑 博史



 皆さん、こんにちは。そして、本試験お疲れさまでした。先週、ビジ法第46回の試験が終了しました。そこで、今週からは、総括として、出題傾向に見る今後の対策についてお話したいと思います。今回は3級についての総括を、正誤問題、空欄補充問題、4択問題に分けて検討します。

1.出題割合
 民法グループから52点分出題され、商法グループから14点分出題されていますので、この2グループだけで65点以上あることになります。前回に比べるとこの2グループの比率がやや下がったものの、その他、全体的な出題割合を見ると例年と大きな変化はありませんでした。したがって、以前のブログ(2017/5/10掲載)でお話しした出題割合の傾向は今後も大きな変化なく踏襲されるものと考えます。やはり、民法グループでいかに点数を取るかが勝負といえます。

2.正誤問題
 100点中30点分を1問1点として30問出題される正誤問題では、改正民法からの出題が1問(第4問エ)や少し細かい内容の出題が数問ありましたが、全体的には基本的な問題からの出題が多かったと思います。改正民法からの出題は、今まで見られたような単なる用語の変更にとどまらず、危険負担における債務者主義への一本化という内容に踏み込んだ出題がなされており、さすがに改正民法からの出題も、徐々に手馴れてきた印象を受けます。来年度は、改正民法施行後の試験となりますから、改正部分からの出題が大幅に増えるだろうと予想します。
 また、第1問キの出題に見られるよう、従来は2級で出題された内容が、3級で問われる傾向が見られます。この傾向は、3級単独受験者に厳しく、3、2級同時受験者に有利な傾向と言えます。やはり、3級だけではなく、2級まで受験して欲しいという思いの表れではないでしょうか。

3.空欄補充問題
 100点中40点分を1空欄1点として5つの空欄×8問で出題される空欄補充問題では、民法グループから4問、その他、商法グループ、知的財産グループ、労働法グループ、ビジネスにおける各種犯罪からそれぞれ1問の出題でした。このように空欄補充問題は、民法から4、5問、商法か労働法から1問、それ以外から2問という割合が基本スタンスです。よって、次回は、今回出題のなかった個人情報保護法、消費者保護グループ、手形法、特許法あたりが危ないです。
 内容としては、定番の基本問題が多かったものの、一部では少し難しい空欄やあまり問われない空欄も見受けられました。
 具体的には、2-2は知的財産権のうち、意匠権と商標権が問われていますが、特殊な意匠権の種類や商標の定義などは、ここ最近定番となっている出題と言えますが、オに入る商標の機能については、商標の具体的イメージが掴めていないと難しかったと思います。
また、7-1では、商業登記や商号についての知識が問われており、3級ではかなり難しいところまで問うている問題と言えます。
 空欄補充問題は、配点も多く、得点を稼ぎやすい出題形式なため、ここでどれくらい点数を確保できるかが、合格点を取れるかどうかのボーダーラインとなります。また、正確な知識で語群から正解を選べればベターですが、一見難しそうで、わからない箇所があった場合でも、文章をよく読み、それらしい語句を語群から見つけることは、国語力があれば対応可能であることも多いです。

4.4択問題
 100点中30点分を1問2点として15問出題される4択問題は、近年の問題に比べるとやや難しい問題も出題された印象です。
 具体的には、第3問オ、第6問ウ、第10問アなど、いずれも民法の分野で3級としてはやや難しい、2級まで勉強している人に有利な出題が見られます。次回のブログでも述べますが、逆に、従来3級で出題された内容が2級で出題されるという傾向もあります。この点でも、3、2級を併願するか、3級で基礎を学び、2級を受験する方が有利に解ける出題の傾向が見られると言えます。

5.今後の傾向と対策

 ビジ法試験も40回以上を重ねましたが、出題分野、出題内容を大きく変更することは出来ません。そこで、何度も出題された知識について、全く同じ形ではなく、少し角度を変えて出題する工夫がなされていることが、ここ数回の出題から読み取れます。とはいえ、マークシートの試験では、思考のプロセス等はどうでもよく、結果的に正解をマーク出来ているかどうかです。よって、4つの選択肢をすべて正誤判断することを目指すのではなく、むしろ、確実に判断できる部分だけで正解を出すことを目指すことが合理的です。
 難易度については、前回よりやや難しかったものの、本来の3級の難易度であったといえるでしょう。よって、合格率は80%を多少切るのではないかと予想します。今後も、今回程度の難易度の問題が維持されるでしょう。

 では、次は、第46回試験2級について総括します。


☜前回「第46回試験 雑感」はこちら                    次回「第46回試験・2級総括」はこちら☞

 

TACビジ法講座のホームページはこちら


TACビジ法講座なら、短期合格と実務で活きる知識の習得ができます!>

 

 ビジネス実務法務検定®に短期で合格するには、講師の指導が重要なポイントとなります。TACでは、ただ単に知識を提供するだけではなく、理解して覚えるための講義を行います。合格はもちろん、実務でも活かせる知識が養える熱い講義を目指しています。

 

TACビジ法3・2ダブル本科生

3・2ステップ本科生

3・2本科生

ビジ法3講座体験講義動画

ビジ法2級講座の体験講義動画はこちら