【行政書士】日本国憲法の話
-今だから、もういちど憲法を読み直そう-
13条①


こんにちは!TAC行政書士講座・講師の小池昌三です。

年明けから、寒い日が続いています。インフルエンザも流行っているようですので、体調管理にも気を付けて、年始のスタートダッシュを決めましょう!

それでは、今回は13条を読んでいきましょう。

【13条】

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。


この13条は、憲法の規定の中でも、最も重要な条文であるともいわれます。その理由は、条文の前段にあります。
「すべて国民は、個人として尊重される。」

この条文が示すことは、憲法は、徹底した個人主義に立つのだということです。

全国民が、個人として尊重されるというのはどういうことなのでしょうか。

国民、一人一人には個性があり、百人いれば百様の考え方があり、生き方があります。どのような考え方をもっていようが、どのような生き方をしようが、国は、その一人一人を尊重しなければならないということです。国民の多様性を前提として、決して、国家の都合で、一人一人の個人をないがしろにすることは許されません。

国家がある前に、国民がある。

国家の存在意義は、私たち国民一人一人の幸せのために存在しているのですから、全国民一人一人を尊重しなければならないのは、憲法原理からしても当然ということになります。決して、国家体制や国家組織、国家権力そのものが大切なのではありません。国家における至上価値。それが国民です。

次回も引き続き13条について読み解いていきます。特に、「公共の福祉」について解説していきます。

以上




【お知らせ】
TAC行政書士講座では、各校舎でガイダンスや講義を行っています。
また開講日は予約不要・無料で実際の講義(基本講義)を受ける事ができます。
ご興味がありましたら、ぜひお気軽にTAC各校舎やカスタマーセンターまでお問い合わせください。

TAC行政書士講座のホームページはこちら