【行政書士】日本国憲法の話
-今だから、もういちど憲法を読み直そう-
59条



 行政書士試験の願書の申し込みが締め切られ、受験生の中にも、いよいよ直前期に突入という雰囲気が流れ始めています。直前期の学習で大事なことがあります。それは、自分の弱点を克服することです。つまり、自分がまだ得点できないところを得点できるようにして初めて、得点を伸ばしていく事ができます。できるところ、得意なところは、得点できているわけですから、そこを繰り返しやっても、得点を伸ばすことはできません。ですので、弱点をどれだけ克服できるかが、合否を大きく左右することになります。いままで学習してきて、すでに得点できているところは本試験でも得点できます。大丈夫。自分を信じていきましょう!!!

 それでは、今回も日本国憲法の話を始めましょう。前回は、議院の自律権について定めた58条を読みました。今回は法律案の議決について定めた59条を読んでいきましょう。

【59条】

1項 法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。
2項 衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。
3項 前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両議院の協議会を開くことを求めることを妨げない。
4項 参議院が、衆議院の可決した法律案を受け取つた後、国会休会中の期間を除いて六十日以内に、議決しないときは、衆議院は、参議院がその法律案を否決したものとみなすことができる


 国会は、法律を作る機関です。その国会がどのように法律をつくるかについて規定しているのが59条になります。条文を色分けしましたが、それぞれの手続の流れを条文ごとに図式化したのが下記の図になります。条文の色と同じ色の矢印が、その項の流れになります。

【法律案の審議過程】
法律案の審議過程

 原則は1項です。

 衆参両議院で賛成多数で可決されたときに、法律は成立します。


 つぎに2項です。

 衆参両議院で議決が異なった場合です。衆議院で賛成、参議院で反対した場合、もしくは、参議院で賛成、衆議院で反対した場合です。この場合には、廃案になるというのが一つの方法ではあります。しかし、もう一度、衆議院で審議を行って、出席議員の3分の2以上の賛成が得られれば、法律として成立することになります。


 さらに3項です。

 再議決する前に、もう一度、両院で妥協案を探ることをしてもかまいません。この妥協案を探る場を「両院協議会」といいます。この両院協議会は、衆議院議員10名、参議院議員10名の合計20名で構成されます。ここで妥協案が作成され、出席議員の3分の2以上の多数の賛成が得られれば、それをもう一度、衆議院・参議院それぞれで審議にかけて、両院の賛成が得られれば法律として成立します。

 これに対して、妥協案が得られない場合には、2項の手続に移行し、衆議院で出席議員の3分の2以上の賛成で再議決されれば、法律として成立します。


 加えて4項です。

 衆議院で議決されたあと、参議院で議決されないという事態になった場合でも、何らかの結論を出さなければなりません。参議院で議決されないなら、廃案という選択肢もあります。しかし、参議院が60日間以内に議決しない場合には、衆議院は、参議院が否決したものと考えて、否決した場合の流れに乗ることもできます。


 このように、衆議院と参議院は原則的には対等ですが、法律案の制定の議決ついては衆議院の議決が優先されることがあります。これを衆議院の優越といいます。

 まず、衆議院と参議院で、どちらかを優先させるという方法を執るのはなぜでしょうか。これは、日本の場合、2院制なので、衆参で意見が割れてしまった場合に、多数決を執ることができません。そうすると、ルール作りをすることが困難となります。そこで、そのような場合には、どちらかの力を少しだけ強めて、国会として、ルールを作れるという話になりました。

 これを、分かりやすい例で置き換えて説明してみましょう。例えば、6年1組で学芸会で出し物をすることになりました。6年1組には、学級委員のAさんと、Bさんの2人です。Aさんは「桃太郎」をやりたいといい、Bさんは「浦島太郎」をやりたいといいました。どっちも、自分の意見を譲らず、演目が決まらないまま学芸会ができないことになります。学芸会でやることを決めるためには、何らかの方法で、どちらかに決めなければなりません。そこで、あらかじめ、1組としての意見がまとまらない場合には、学級委員の意見に合わせて、学芸会の内容を決めることにする、としておくわけです。そうすると、AさんとBさんの意見が合致しなかった場合には、Aの意見である「桃太郎」で決める、ということになります。

【二者択一方法・選択モデル】
二者択一方法・選択モデル

 それでは、なぜ、衆議院を参議院に優越させるのでしょうか。

 それは、まず、参議院は議員の任期は6年(そのうち半数が3年ごとに改選されます)なのに対して、衆議院は議員の任期が4年であり、さらに解散によって任期満了前に改選されることもあります。つまり、現時点の国民意識により近いのが衆議院議員ということになります。したがって、衆議院を優越させています。

 その他にも、衆議院が優越する場面がありますが、それはまた次回以降に述べていきましょう。

 今回は以上となります。つぎは60条を読んでいきます。お楽しみに!


 TAC行政書士講座では、2021年合格目標『全国公開模試』や『直前特訓オプション講座』などの直前対策をご用意しております。ぜひご利用ください。


TAC行政書士講座のホームページはこちら