【社会保険労務士】
「社労士試験 ハロウィン・ジャンボ宝くじ」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 社労士試験  ハロウィン・ジャンボ宝くじ 」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は10月26日。先日、第54代横綱の輪島さんが亡くなられました。お通夜、葬儀には多数の有名人が参列し、輪島さんが多くの人に愛された人物ということが、あらためて分かりました。
弔辞を述べた、デーモン閣下さんも言っていましたが、私自身も小学生の頃、相撲観戦に熱中し、輪島対北の湖の激闘に何度も感動したことを昨日のように覚えています。輪島対北の湖の名勝負はyoutubeなどで見ることができるので、是非ご視聴してみてください。きっと今の相撲がつまらなく感じるはずです。今回の通夜、葬儀には現役力士が1人も参列せず、相撲協会も数名の親方が個人的に参列したのみでした。昭和の相撲の隆盛を支えた名横綱の葬儀に対しての相撲協会の姿勢には疑問を感じました。偉大な功労者をないがしろにすることは、いずれ有形無形の報いを受けることになるのではないでしょうか。

さて話は変わって、先日、「ハロウィン・ジャンボ宝くじ」を購入しようと思い立ち、買いに行こうと思ったのですが、ふとカレンダーに目を向けると、その日は「赤口」でした。
「赤口」とは何だろうかと思い調べてみると、「あかくち」ではなく「しゃっこう」と読むとのこと。(口紅の日ではありませんよ。)💄
その意味は、「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」とのこと、牛の刻、つまり、午前11時から午後1時までのみ「吉」で、それ以外は「凶」ということで、宝くじを買うのを避けてしまいました。(仏滅より悪い日のようです。)
「赤口」は、六曜の1つで、六曜というのは「先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口」のことを指しているのですが、普段の生活で意識することはほとんどないと思います。
お葬式は友引を避けるという風習は、現在でも残っていると思いますが、それ以外では気にする人も減っていることでしょう。
なぜ「ハロウィン・ジャンボ宝くじ」を購入しようかと思ったのかというと、抽選日が、平成30年10月30日とのこと。私の誕生日が3月13日なので、「3・1・3」で語呂がいいと思い運命を感じたので、次の日に購入したというわけです。(1等5億円、当たりますように!!!)🎯🎯🎯

ところで、「313」という数字、社労士試験では、労災保険法の傷病(補償)年金のところで出てくるのですが、覚えていましたか?
傷病(補償)年金の支給要件は、次のようなものです。
「傷病(補償)年金は、業務上又は通勤により負傷し、又は疾病にかかった労働者が、当該負傷又は疾病に係る療養の開始後1年6箇月を経過した日において次のイ及びロのいずれにも該当するとき、又は同日後次のイ及びロのいずれにも該当することとなったときに、その状態が継続している間支給する。
イ 負傷又は疾病が治っていないこと
ロ 負傷又は疾病による障害の程度が厚生労働省令で定める傷病等級に該当すること」

極めてひらたく言うと、業務上や通勤による負傷などで療養の開始後1年6箇月を経過しても、その負傷等が治っていない場合に、支給されるものです。
また、その支給額は傷病等級に応じ、以下のようになっています。

傷病等級 年金額 障害の状態
第1級 給付基礎日額の313日分 常時介護を要する状態等
第2級 給付基礎日額の277日分 随時介護を要する状態等
第3級 給付基礎日額の245日分 常態として労働不能の状態


最近の本試験では、数字を問う問題が多く出題されていますので、上記のような1級~3級までの数字は早めに暗記してしまいましょう。数字問題は「チャンス問題」だと前向きに取り組みましょう!



つづく。

※別段の記載のない限り、本原稿作成時点で施行されている法令に基づいた内容になっています。


TAC社会保険労務士講座では、各校舎でガイダンスや講義を行っています。
また開講日は予約不要・無料で実際の講義を受ける事ができます。
ご興味がありましたら、ぜひお気軽にTAC各校舎やカスタマーセンターまでお問い合わせください。

TAC社会保険労務士講座のホームページはこちら