【社会保険労務士】
「社労士試験 サーティワン31」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 社労士試験 サーティワン31 」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は11月2日。
読者の方の中には、社労士講座を申し込むか否か迷っている方もいらっしゃると思いますが、試験は来年の8月の下旬なので、今月から始めても十分間に合います。ちなみに、私は、12月から開始して翌年の8月の試験に合格しました。人間の集中力というのは個人差がありますが、ダラダラやるよりは、短期間に集中して勉強する方が記憶に定着しやすいとも言われていますので、是非前向きに検討してください。

さて、先週、プロ野球のドラフト会議が行われ、今年も悲喜こもごも、いろいろなドラマがありました。
ドラフト会議の時期になると毎年のように思い出す選手がいます。ちょうど30年前の1988年のドラフトの幻の1位と言われた慶応大学の志村投手です。当時の映像がほとんどないので、観たことがない人は分からないと思いますが、神奈川県桐蔭学園出身で甲子園にも出場、その後、慶応大学で4年間通算31勝、防御率1.82。リーグ優勝2回。1987年には大学野球選手権にも優勝し、日本一になった名投手でした。
とりわけ最終学年の4年生のときには、5試合連続完封勝利、53イニング連続無失点という素晴らしい記録を残しています。球速は140~145キロ程度ですが、変化球をまじえた投球術が巧みで、かつ、牽制球が非常に上手く、ピンチの場面で、牽制で走者を刺すというシーンが印象的な投手でした。
私は、志村投手とほぼ同年代なので、実際に神宮球場でも観ましたが、後にロッテに入団し、117勝を上げた早大の小宮山投手や、阪神に入団した法大の葛西投手よりも優れた投手だったと言えます。
1988年当時は、バブル景気が絶頂期のころで、日経平均株価が3万円を超えていて、プロ野球に入るよりも、一流企業に就職がトレンドという時代背景もあったのです。その後、1990年代に入りバブル景気は崩壊し、長く経済は低迷し、いまだに平均株価は3万円には届きそうにありません。志村投手は、ドラフト直前にプロ入りを拒否して、三井不動産に就職し、現在は事業本部長とのこと。まさしく文武両道でサラリーマンとして立派な道を進んでいらっしゃるわけです。

サラリーマンと自営業の違いは、公的年金制度に特徴的に現れます。
人生を自営業ではなく、サラリーマンとして働くことを選択した場合、人間関係や出世競争など苦しいことが多いわけですが、(出世競争は、とくに厳しいものです。上に行くにしたがってポストは少なくなりますので、たとえ超一流企業に就職できたとしても、それなりの「地位」までたどり着ける人は、ほんの一握りです。)定年後には、老齢基礎年金に加えて、老齢厚生年金を受給できることが、唯一の楽しみ?でしょうか?

※老齢基礎年金・老齢厚生年金に関しては、支給開始年齢が、現在の65歳から引き上げる案が、現在の政権から提案されそうなので、注意深く政権をみることが必要です。政治に無関心でいると、知らぬ間に強行採決されてしまっても後の祭りです。(特に若い人!)
反対の意思表示をしないでいると、たとえば、昭和56年生まれ以降は66歳~70歳から支給開始などという案が通る可能性もあり得ると思います。

厚生年金保険では、保険料の計算や年金額の計算のため、標準報酬月額等級というものを設定します。
第1級88,000円から第31級620,000円まで、31等級に区分されています。🍨
この「報酬」には定義がありまして、賃金、給料、俸給、手当その他いかなる名称であるかを問わず、労働者が、労働の対償として受けるすべてのものをいいます。ただし、臨時に受けるもの及び3月を超える期間ごとに受けるものは除かれます。極めてひらたく言うと、毎月の月給をイメージしてください。

厚生年金保険料は、毎月の給料から天引きされていると思いますが、どのように計算するか、ご存知ですか?
たとえば、報酬月額が290,000円以上310,000円未満の場合は、標準報酬月額は300,000円となります。厚生年金保険料は、現在18.3%なので、
300,000円×18.3%=54,900円
保険料は、事業主と労働者で2分の1ずつ負担しますので、
54,900円÷2=27,450円。
つまり、給料から27,450円が天引きされるというわけです。
給与明細には社労士試験のヒントになる項目が多くありますので、たまにはじっくり見てみましょう。意外な発見があるかもしれません。

つづく。


※別段の記載のない限り、本原稿作成時点で施行されている法令に基づいた内容になっています。




ご興味がありましたら、ぜひお気軽にTAC各校舎やカスタマーセンターまでお問い合わせください。

TAC社会保険労務士講座のホームページはこちら