【社会保険労務士】
「社労士の実務・開業について考えてみる」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 社労士の実務・開業について考えてみる 」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は2018年12月7日。
今週も先週に引き続きやや硬めの内容ですが、お付き合いください。(*- -)(*_ _)ペコリ

先月9日に社労士試験の合格発表があり、その後、行われたTAC主催の合格祝賀会に出席された方も多いことと思います。
この合格祝賀会というのは、とても楽しく嬉しいものですが、いつまでも合格の余韻に浸るのではなく、そろそろ、その後のことを考え始めた方がよいと思われます。

合格率約6%の難関試験ですが、来年も本試験は行われ、毎年約2,500名の新しい合格者が誕生することになります。
合格者の皆様が、最も有効に「社労士」という資格を活用できるのは、この1年だと思うのです。
既存の社労士事務所に転職するのであれば、合格直後が一番良い機会と言えるでしょう。
人には「旬」というものがあり、その輝いている時期を逃すと転職は成功しないと思います。とりわけ、社労士試験の知識は、使っていないと錆びついてしまうことが多いので、社労士関係の仕事に転職したいのであれば、これからの1年間に決断すべきでしょう。

あるいは、今、サラリーマン・OLとして働いている人の中には、合格を機に「独立開業」を目指している人もいることでしょう。
そうは言っても、具体的にどのようにして開業したらよいか??なかなか分からない人が多いと思います。
そのような方々のために、TACでは、「社労士実務講座」というものを用意しています。
実務の大御所、小林先生が担当し、来年1月12日から3月23日まで全11回にわたって渋谷校で行います。(講義を収録した通信講座もあります。)
その初回の講座に先駆けて、来週12月15日(土)午後2時から渋谷校で、無料の説明会が行われますので、実務の世界に少しでも興味のある方は、お気軽にご参加ください。
私自身も数年前に、実務講座を受けて、その後不思議な縁でTACの社労士講師室で働くことになりました。

人の縁とは不思議なものですが、「行動」しなければ、何も始まりません。待っていても何も現状は変わりませんので、もし、何かを変えたいという気持ちがあるのであれば、実務講座に参加するべきだと思います。
実際に卒業生の多くは、勤務社労士や開業社労士として活躍しています。

今週のブログは、合格者向けの内容になりましたが、今、社労士試験の合格に向けて勉強している方々も、合格後の夢を描くことで、より一層、勉強に力が入ることになると思います。
目標段階の夢は、大きく持った方が良いでしょう。大袈裟に言えば、合格して人生を変える!くらいの意気込みが必要なのかもしれません。


社労士講師室・伊藤修登


つづく。


※別段の記載のない限り、本原稿作成時点で施行されている法令に基づいた内容になっています。




TAC社会保険労務士講座では、各校舎でガイダンスや講義を行っています。
また開講日は予約不要・無料で実際の講義を受ける事ができます。
ご興味がありましたら、ぜひお気軽にTAC各校舎やカスタマーセンターまでお問い合わせください。

TAC社会保険労務士講座のホームページはこちら