【社会保険労務士】
「社労士試験 家政婦は見た?ミタ?ミタゾノ?」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 社労士試験 家政婦は見た?ミタ?ミタゾノ? 」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は2019年2月1日。
あっという間に1月も終わり、2月に入りましたが、皆様の勉強の調子はいかがでしょうか?正しい方向性できちんと地道に学習すれば、必ず合格できるはずです。これに関しては後ほど触れます。

さて、先月、女優の市原悦子さんが亡くなられました。昭和の名女優がまた一人旅立ってしまったなあという感じで寂しいです。
市原さんの代表作と言えば、テレビ朝日の「家政婦は見た」シリーズだと思います。あまりにも有名なこの作品は、後に、日本テレビが「家政婦のミタ」という題名で、松嶋菜々子さん主演で大ヒットを記録し、それならばと、再度テレビ朝日が松岡昌宏さん主演で「家政婦のミタゾノ」で、やり返すという展開を見せたことは有名です。ライバル局が題名をパクリたくなる位、人気番組だったというわけです。
ただ、私個人の中での市原さんの代表作と言えば、昭和54年に半年間放送された必殺シリーズ「翔べ必殺うら殺し」において、レギュラーの殺し屋として出演されていたことです。
市原さんが、必殺シリーズで殺し屋を演じていたというのは、知る人ぞ知る話なのですが、その演技力は凄まじく、殺し技もシンプルに短刀で突きさすというものでしたが、殺される悪役からすると、まさか「この、おばさんが殺し屋?」という感じで、相手の意表をついて懐に飛び込んで殺すという迫真の演技でした。(あの中村主水より凄いのですが、リアル過ぎて、その後、必殺シリーズに再登場はしませんでした。)「まんが日本昔ばなし」とは正反対の、引き出しの多い名女優さんでした。


さて、家政婦ということで言えば、社労士の本試験でも出題されています。
平成23年の問題です。
『労働基準法に定める「労働者」とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者をいい、この定義に該当する場合には、いかなる形態の家事使用人にも労働基準法が適用される。』
🕖
🕘
🕘
正解は、ですね。「いかなる形態の家事使用人にも労働基準法が適用される」という箇所が誤りです。原則として、家事使用人には労働基準法は適用されません。

たとえば、法人に雇われ、その役職員の家庭において、その家族の指揮命令の下で家事一般に従事している者は家事使用人であり、労働基準法は適用されません。
一方、個人家庭における家事を事業として請け負う者に雇われて、その指揮命令の下に当該家事を行う者は、家事使用人には該当しません。つまり労働基準法が適用されます。
なお、家事使用人に関しては、平成29年の本試験にも出題されていますので、今後も注意が必要です。

また、必殺シリーズつながりで言うと、労災保険法には次のような条文があります。

『労働者を故意に死亡させた者は、遺族補償給付を受けることができる遺族としない。
 労働者の死亡前に、当該労働者の死亡によって遺族補償年金を受けることができる先順位又は同順位の遺族となるべき者を故意に死亡させた者は、遺族補償年金を受けることができる遺族としない。
 遺族補償年金を受けることができる遺族を故意に死亡させた者は、遺族補償一時金を受けることができる遺族としない。労働者の死亡前に、当該労働者の死亡によって遺族補償年金を受けることができる遺族となるべき者を故意に死亡させた者も、同様とする。
 遺族補償年金を受けることができる遺族が、遺族補償年金を受けることができる先順位又は同順位の他の遺族を故意に死亡させたときは、その者は、遺族補償年金を受けることができる遺族でなくなる。』
という規定です。

極めてひらたく言うと、遺族補償年金が欲しいからといって、労働者をわざと殺したり、又は、遺族補償年金の自分の取り分を増やしたいという欲望のために、他の遺族をわざと殺した者には、当然のことですが、遺族補償年金は支給しないですよという意味です。お金が絡むと、実際にこういう事例があるのかもしれませんね。

最後に1回で試験に合格するための効果的な学習方法についてですが、講義を受けてテキストを読んだら、すぐにその範囲の「過去問題」を解く、ということを実践してみてください。
テキストを隅から隅まで必要以上に深読みし過ぎることはお勧めできません。
お手元の過去問題集を解いて、間違ったら、テキストに戻って確認するということを繰り返す方が、合格に近づくと思われます。
インプット学習も重要ですが、アウトプット学習も重要ということです。試験というのは最終的には問題を解いて、その得点を競うものという大原則を忘れないでください。
あらためて、今、自らのやっている学習方法が「本試験問題で得点を取ること」に方向性が合っているのか、確認してみてください。


社労士講師室・伊藤修登


つづく。


※別段の記載のない限り、本原稿作成時点で施行されている法令に基づいた内容になっています。




TAC社会保険労務士講座では、各校舎でガイダンスや講義を行っています。
また開講日は予約不要・無料で実際の講義を受ける事ができます。
ご興味がありましたら、ぜひお気軽にTAC各校舎やカスタマーセンターまでお問い合わせください。

TAC社会保険労務士講座のホームページはこちら