【社会保険労務士】
「 9人と、10人とで、何が変わるか考えてみる。 」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 9人と、10人とで、何が変わるか考えてみる。 」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は2019年11月1日。
いささか旧聞になりますが、プロ野球日本シリーズはソフトバンクが4勝0敗と圧勝して、3年連続の日本一に輝きました。これで、7年連続パ・リーグのチームが日本一です。最近、10年間でも、パ・リーグが9回も日本一になっています。
ここまで、パ・リーグとセ・リーグの実力差が広がってしまったのは、プロ野球界全体の危機だと思います。やはり、以前から言われていますが、セ・リーグもDH制度を導入するべき時期にきたと言えます。WBCやオリンピックなどの国際大会は、全てDH制度なので、いつまでも投手を打席に立たせる野球にこだわっているのは意味がありません。

セ・リーグの9人野球と、パ・リーグの10人野球の何が違うのかというと、DH制の野球の場合、スタメンに1名、強打者を加えることができるので、打順で例えると、
「1番2番3番4番4番5番6番7番8番」という感じで、4番打者を2名並べるような打順が組めるということです。そのため、打者は強く振りぬく強打者が生まれやすく、それを抑えようと、投手はストレートの速さや、フォークボールに磨きをかけるという好循環がおきています。

一方、セ・リーグの野球では、打つ気のない投手が打席に立つため、9人に1人はほぼ自動的にアウトになり、打線が切れやすく、バントを使った「チマチマした高校野球」のような感じで、スケールの大きな選手が育ちにくい環境にあります。
ソフトバンクの柳田選手や西武の山川選手、中村選手などの強打者は、セ・リーグだったら、育たなかった選手かもしれません。
それでもどうしてもDH制度が嫌だと言うなら、投手の打撃練習をしっかりとするべきです。最近のセ・リーグの投手の中に打撃が得意な選手が見当たらないので、本当に投手の打席がまったく「休憩時間」のようで、何の意味もない時間となっています。このままでは、セ・リーグは、「セカンド・リーグ」となってしまうことでしょう。

さて、「」と「10」の違いは社労士試験の学習でも出てきます。
労働基準法の就業規則の規定を見てみましょう。

『 常時10人以上の労働者を使用する使用者は、一定の事項について就業規則を作成し、行政官庁(所轄労働基準監督署長)に届け出なければならない。』

上記のように規定されています。この10人にはパートタイム労働者も含まれますので、正規従業員が7名、パートタイム労働者を常態として3名使用している場合は、使用者には就業規則の作成義務があります。
今年の本試験でも就業規則について出題されているので、見てみましょう。

『 同一事業場において、労働者の勤務態様、職種等によって始業及び終業の時刻が異なる場合は、就業規則には、例えば、労働時間は1日8時間とする。と労働時間だけ定めることで差し支えない。』

〇か×か分かりますか?
🕖
🕘
🕓
答えは、×です。同一の事業場において、労働者の勤務態様、職種等によって始業及び終業の時刻が異なる場合は、就業規則に、勤務態様、職種等の別ごとに始業及び終業の時刻を規定しなければならないと定められています。まあ、常識的に考えても始業の時刻が分からなければ、働きにくいですよね?

その他、10人という数字が問われる箇所として、労働時間の特例の規定があります。
通常、法定労働時間は、1週間=40時間とされていますが、次の①~④の事業のうち、常時10人未満の労働者を使用するものについては、特例として1週間の法定労働時間が44時間とされています。

① 商業
② 映画・演劇業(映画の製作の事業を除く)
③ 保健衛生業
④ 接客娯楽業

ただし、この特例の場合であっても、1日の労働時間の上限は8時間なので、この規定の使い方としては、月曜日~金曜日=8時間、土曜日=4時間という方法で、週6日勤務を可能とするものです。私の知ってる、小さな会社でも、わざと従業員の人数を9名にして、この44時間の労働時間の特例を使用しているところがあります。
もし、あなたが将来、小さな商業を起業しようとしているのであれば、この規定は覚えておいた方がいいかもしれませんね。
なお、私は、試験対策としては、各頭文字をとって、「シエホセ」と覚えていました。
(語呂合わせというのは、自分自身で作らないと記憶しにくいと思います。)

就業規則の規定もそうでしたが、10名と9名では、労働基準法の適用が大きく異なりますので、このあたりは、試験でも狙われやすいところなので注意しておきましょう。


社労士講師室・伊藤修登

つづく。
※別段の記載のない限り、本原稿作成時点で施行されている法令に基づいた内容になっています。


TAC社会保険労務士講座では、各校舎でガイダンスや講義を行っています。
また開講日は予約不要・無料で実際の講義を受ける事ができます。
ご興味がありましたら、ぜひお気軽にTAC各校舎やカスタマーセンターまでお問い合わせください。

TAC社会保険労務士講座のホームページはこちら