【社会保険労務士】
「 本当に試験で、点数が取れる学習方法ですか?? 」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 本当に試験で、点数が取れる学習方法ですか?? 」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は2020年2月21日。
合格応援ブログなので、たまには「応援」をしなきゃね、というわけで、受験生の皆様、勉強の調子はいかがでしょうか?
計画通りに進んでいますか?
本試験まで残り6か月です!
今の学習方法で本当に大丈夫ですか?
試験に出題されそうもない箇所にこだわりすぎていませんか?
試験で点数を取るための勉強をしていますか?
過去問をきちんと解いていますか?
勉強の方向がズレている人は軌道修正をしてくださいね。

さて、2月というのは寒い日が多く、1年で一番体調を崩しやすい時期かもしれませんね。それに通常、寒い季節は魚やカニなど新鮮な海の幸を美味しくいただく季節ですが、今年の魚は頭から腐っている?ようなので、注意して食べましょう。また、今年は新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界的に大変な事態になりつつあります。現状、個人でできる対策としては、マスクをつけることや、丁寧な手洗いなどでしょうか?これ以上、感染が拡大しないことを祈るばかりです。正直、毎日、満員電車に乗るのは怖い感じになってきました。。。
こういう事態になると体調を崩して会社を休む人も増えていくと思われますが、通常は、有給休暇を取得すれば、直ちに生活に困ることはないと思います。しかし、中には有給休暇を使い切ってしまう人もいるかもしれません。そのような時に頼りになるのが、健康保険法で規定されている「傷病手当金」です。ものすご~~くひらたくいうと、通常の報酬の3分の2が支給される保険給付です。

傷病手当金の支給要件を覚えていますか?

『 被保険者が、療養のため労務に服することができないときは、その労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間、傷病手当金が支給される。』

大きく分けて次の3つの要件を満たす必要があります。
(1) 療養中であること。
(2) 労務に服することができないこと。
(3) 継続した3日の待期を満たすこと。


療養中であることというのは、健康保険で診療を受けることができる範囲内の療養であれば、保険給付として受ける療養に限られません。相当の証明があれば、自費診療で受けた療養、自宅での療養や病後の静養についても傷病手当金は支給されます。なお、療養の給付の対象とならない、例えば、美容整形手術のために労務不能となった場合は、傷病手当金は支給されません。

労務に服することができないことというのは、その被保険者が従事している労務に就労できないような状態になっていることを言います。また、昭和29年10月25日には次のような通達も出ています。
「病原体保有者が隔離収容されたため労務不能である場合」
上記の場合は、もちろん労務に服することができません。

一方、医師の指示又は許可のもとに半日出勤し、従前の業務に服する場合は、労務に服することができると判断されて、傷病手当金を受給することはできません。

継続した3日の待期を満たすことに関しては、この3日は連続して労務不能でなければ、待期は完成しません。2日休んで、1日働いて、また、2日休んでも、待期は完成しないということです。
また、待期期間中に報酬を受けていても、待期期間が有給休暇として処理されていても待期は成立します。なお、この待期を設けた理由は、嘘病防止のためと言われています。

1日あたりの傷病手当金の支給額を正確に言うと、
「支給開始月以前の直近の継続した12月間の各月の標準報酬月額を平均した額の
30分の1に相当する額の3分の2」

と非常~~~~に長い文となります。

以前は、直近の標準報酬月額を基礎として支給額を計算していたのですが、この計算方法だと、休む直前に標準報酬月額を相当高額に設定し、高額な傷病手当金を受給することが可能となっていたので、数年前の法改正により、現行の直近1年間の平均額の3分の2という形になりました。

最後に支給期間ですが、同一の疾病又は負傷及びこれにより発した疾病に関しては、その支給を始めた日から起算して1年6月を超えないものとすると規定されています。
途中で、出勤して、傷病手当金が停止になった場合でも、支給開始日から1年6月で打ち切られるということです。このあたりは試験で問われやすいので、注意が必要です。


社労士講師室・伊藤修登

つづく。
※別段の記載のない限り、本原稿作成時点で施行されている法令に基づいた内容になっています。


TAC社会保険労務士講座では、各校舎でガイダンスや講義を行っています。
また開講日は予約不要・無料で実際の講義を受ける事ができます。
ご興味がありましたら、ぜひお気軽にTAC各校舎やカスタマーセンターまでお問い合わせください。

TAC社会保険労務士講座のホームページはこちら