【社会保険労務士】
「 お正月休みの学習計画はどうすべきか、考えましたか~? 」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 お正月休みの学習計画はどうすべきか、考えましたか~?  」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は12月25日。
明るい話題をというわけで、日本のクリスマスケーキの歴史は、お菓子の不二家が1910年頃に売り出したのが最初とのこと。スポンジケーキに生クリームをたっぷり塗り、クリスマスツリーなどを飾りつけたものが一般的だと思います。日本ではクリスマス当日ではなく、24日に食べる人が多いということですが、受験生の皆様は、昨日はケーキを食べましたか?今年は外出を自粛する人が多いので家の中でケーキを食べた人も多いと思います。ちなみに私はイチゴショートケーキを食べました。
勉強を継続するための1つの方法として、1時間勉強したら、おやつを食べるとか、2時間~3時間経過して勉強し終えたら、ビールを飲むとか、自分なりのご褒美を用意しておくのも良いと思います。目的やご褒美もなく勉強するというのは辛いという方はこの方法を取り入れてみてください。意外と効果がありますよ。(私は受験生当時、勉強終わりにビールを飲むのを日課にしていました。仕事終わりや勉強終わりに飲むと、なぜかお酒は美味しさを増します。)

ケーキ

さて、皆様の仕事納めは何日でしょうか?今年は、例年よりも有給休暇を取得しやすいと聞いたことがあり、12月28日に有給休暇を取得した場合、12月26日~1月3日まで9連休になる人も多いという報道がされています。
皆様は、この貴重な9連休をどのように過ごす予定でしょうか?
(イ) 9日間、まったく勉強せず、遊んでしまう。(気持ちは分かる。)
(ロ) 少しの時間だけでも、毎日勉強を継続する。(現実的にはこれかな?)
(ハ) いつも以上に時間があるので、勉強時間を2倍にする。(それは理想だよ~)

可能であれば、「いつも以上に時間があるので、勉強時間を2倍にする。」を選んでいただきたいのですが、お正月休みということで、テレビの特番など面白いものが多く誘惑も多いので、せめて、午前中の2~3時間だけでも、勉強をするようにしてください。
具体的には、テキストを読むだけでは眠くなる可能性が高いので、過去問題を1日○○問解くとか、何かしらノルマを課すといいでしょう。
「今日は、労働基準法の過去問を30問解いた。」とか、目に見える何かの方がモチベーションも上がりやすいはずです。

このブログでは、過去問を解くことをお勧めしているので、今週も少し紹介します。
これは今年の本試験に出題された問題です。

『事業における業務を行うための体制が、課及びその下部組織としての係で構成され、各組織の管理者として課長及び係長が配置されている場合、組織系列において係長は課長の配下になることから、係長に与えられている責任と権限の有無にかかわらず、係長が「使用者」になることはない。』

〇 か × か分かりますか??
🕓
🕘
🕙
正解は、× です!これは、初見の場合少し悩むかもしれません。
「係長が使用者??」と、自らの会社のことを想像して、この設問に引っかかって〇と思った人も多いかもしれませんね。
使用者の定義というのは、実は難しく、労基法10条では次のように定義されています。

『労働基準法で使用者とは、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項について、事業主のために行為をするすべての者をいう。』


上記の条文だけでは分かりづらいので、昭和22年の通達も紹介します。

『使用者とは、労働基準法各条の義務についての履行の責任者をいい、その認定は部長、課長等の形式にとらわれることなく各事業において、労働基準法各条の義務について実質的に一定の権限を与えられているか否かによるが、かかる権限が与えられておらず、単に上司の命令の伝達者に過ぎない場合は使用者とはみなされない。』

というわけですから、
「係長に与えられている責任と権限の有無にかかわらず、係長が「使用者」になることはない。」とは言えないですよね。
肩書きで判断するのではなく、もしも実質的に一定の権限を与えられているのであれば、その場合は使用者になることもあると言えるわけです。
そもそも肩書きというのは、その会社ごとに意味合いが違うのですから、課長だからとか、係長だからとかで判断してはいけないということです。
また、「かかる権限が与えられておらず、単に上司の命令の伝達者に過ぎない場合は使用者とはみなされない。」というのも、実際の社会でもあり得ることで、心当たりのある人も多いのではないでしょうか。
単に上から下に伝達しているに過ぎない場合は、使用者とはみなされない可能性が高くなるということです。

今年の冬は、かなり寒くなりそうなので、皆様、風邪等に気をつけてください。それではまた来年、お会いしましょう!



社労士講師室・伊藤修登

つづく。
※別段の記載のない限り、本原稿作成時点で施行されている法令に基づいた内容になっています。


TAC社会保険労務士講座のホームページはこちら