【社会保険労務士】
「  「落としても、3秒以内セーフ」というルールがあるらしい?  」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「  「落としても、3秒以内セーフ」というルールがあるらしい?  」 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は2021年5月21日。
本試験まで、残り3箇月なので、これからの学習は、問題を解くことに重きを置いた方がいいと思います。
テキストを読むことも大事ですが、最終的には問題が解けなければ合格できません。不合格になる人の多くは実戦不足、つまり問題を解き慣れていない人が多いことも事実です。短期合格する人は、ほぼ100%、問題を解くコツを会得して、時間を効率よく使っている方々です。勉強の量よりも「質」「方向性」を意識してください。

さて、先日の帰りの電車内での、少しびっくりした体験を紹介します。
私の乗っている路線の電車には、グリーン車が連結されていて、750円を別途支払うとグリーン車に乗ることができます。
その日は、いつもより仕事で疲れていたので、グリーン車に乗って帰ることにしました。
上野駅から約40分ほどの距離なのですが、通路を挟んだ反対側に30歳位の女性が座り、缶酎ハイと、小さな駅弁を食べ始めました。
帰りのグリーン車ではよくある光景で、においがきつくなければ特に周囲に迷惑をかけているわけではありません。
上野駅を出て、5分ほどしたとき、電車が少しブレーキをかけた瞬間、女性が持っていた箸が床に落ちてしまいました!

お弁当

あ!どうするんだろ、まだお弁当たくさん残っているのに、まさか「手」で食べるのかな?と思い見ていると、女性は箸を拾い、洗ったり拭いたりもせず、その箸でそのまま悠然とお弁当を食べ始めたのでした!!(床を舐めてるのと同じでは??)
え~床に落ちた箸は汚いし、大丈夫なのかなと思ったのですが、そのままお弁当を完食し、目的の駅で降りていきました。
ん~今のこういうご時世で、衛生的に大丈夫なのかな?と思ったのですが、人それぞれ衛生の基準は違うんだなあとあらためて思いいたりました。。。ある人に聞いたら、世の中には「3秒ルール」というものがあるらしく、地面に落ちた食べ物でも、3秒以内に拾い上げれば「セーフ」で食べられるとのこと(科学的根拠は知りませんが)。でも、箸は直接、口につけるのですから、1秒でもアウトだと思うのですが、皆様の価値観は??

さて、労働安全衛生法では、衛生基準について、本試験で出題されたこともあるので、今回はそのあたりのことを取り上げます。
たとえば、作業場の明かりについては、次のように規定されています。

『 事業者は、労働者を常時就業させる場所の作業面の照度を、次の表の左欄に掲げる作業の区分に応じて、同表の右欄に掲げる基準に適合させなければならない。ただし、感光材料を取り扱う作業場、坑内の作業場その他特殊な作業を行なう作業場については、この限りでない。』

  作業の区分    基 準 
選精密な作業 300ルクス以上
普通の作業 150ルクス以上
粗な作業 70ルクス以上


事務作業で、1日中パソコンの画面を見つめていることで、慢性的な眼の疲労を感じている人も多いことでしょう。自分のデスク周辺の明かりを点検してみましょう。

電球

また、職種によっては、深夜の時間帯に仕事をする人もいると思いますが、睡眠及び仮眠の設備では、次のような規定があります。

『 事業者は、夜間に労働者に睡眠を与える必要のあるとき、又は労働者が就業の途中に仮眠することのできる機会があるときは、適当な睡眠又は仮眠の場所を、男性用と女性用に区別して設けなければならない。』

深夜勤務や早朝勤務がある会社の場合は、上記のような設備を置くことが義務化されています。きちんと男女別に区別されていますか?

また、努力規定ですが、次のようなものもあります。

『 事業者は、労働者が有効に利用することができる休憩の設備を設けるように努めなければならない。』

小さな会社では難しいかもしれませんが、オフィスの中に、たとえば、昼食を取る場所とかそういう休憩の設備を設けてくださいねという感じです。

最後に清掃についても衛生基準があります。
『 事業者は、日常行う清掃のほか、大掃除を、6月以内ごとに1回、定期に、統一的に行わなければならない。』
あなたの働いているオフィスでは、6月以内ごとに1回、大掃除をしていますか?
綺麗なデスクだと仕事も捗りますので、日頃から清潔にしましょう!



社労士講師室・伊藤修登

つづく。
※別段の記載のない限り、本原稿作成時点で施行されている法令に基づいた内容になっています。

TAC社会保険労務士講座では、無料のオンラインセミナーを不定期で行っています。
興味がございましたら、お気軽にご参加ください。申込方法等は、TAC社労士講座のホームページをご覧ください。

TAC社会保険労務士講座のホームページはこちら