【社会保険労務士】
「 木を見て森を見ずという状況になっていませんか?
完璧主義は危険ですよ~~ 」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 木を見て森を見ずという状況になっていませんか?完璧主義は危険ですよ~~ 」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は2021年11月12日。
10月29日に今年の社労士試験の合格発表がありました。今年の受験者数、合格率などは以下のようになっています。

申込者数 = 50,433人
受験者数 = 37,306人
合格者数 =   2,937人
合格率  =    7.9 %


合格された皆様、おめでとうございます!せっかく難関資格に合格したのですから、是非ともこの資格を活かすような道に進んでください。なお、ご存知だとは思いますが、社労士登録をしないと、「社会保険労務士」と名乗ることはできないのでご注意ください。

🥂


選択式40点満点中24点以上(労一は1点以上、国年は2点以上)
択一式70点満点中45点以上という合格ラインでした。
選択式、択一式ともに得点率7割以下でも合格基準点に届くので、完璧主義にならず、効率的に勉強した人が合格に近づくと言えるでしょう
ここ数年、難問が出て受験生を悩ましている選択式の「労一」ですが、今年はついに1点救済という稀に見る結果でした。「労一」の平均点は、1.5点という低さで、本試験を受けた方は分かると思いますが、あまりにも難問奇問でした。
たとえば、空欄Eは、

『中高年齢者等( E )が起業を行う際に、~中途採用等支援助成金により助成している。』

この空欄は、普段から真面目に勉強している受験生ほど、「②45歳以上」を選ぶと思うのですが、正解は、「①40歳以上」でした。すべての法律とは言いませんが、社労士試験で取り扱う法律では、中高年齢者と言えば、概ね45歳以上を指すことが多いです。雇用保険法の所定給付日数の境目や教育訓練支援給付金の境目など、45歳で区切りを付けていることが多いので、ほとんどの受験生が「45歳以上」を選びました。

TACに限らず多くの予備校に労一対策の質問メールや電話などが届いたようですが、このような難問奇問は、正直なところ、対策を立てることが難しいですし、社労士試験が「運試しのゲーム」のように捉えられてしまう危険性まであると思うのです。

サイコロ

おそらくですが、来年からは、今年の「労一」のような問題は出なくなると推測します。
ですので、選択式対策は、これまで通りのいわゆる王道の勉強方法でいいと思うのです。
また、個人的には、真面目に勉強している人の実力が、正当に認められるような試験にしてほしいと切に願うのです。奇をてらう問題ではなく、オーソドックスな問題でいいと思うのですが、皆様はどのように思いますか?

さて、この秋から初めて若しくは再チャレンジで「社労士講座」を申し込んで勉強を開始した方も多いのですが、ここ数年、完璧主義になりすぎて「木を見て森を見ず」という受験生の方が目立ちます
細かすぎる論点に神経質になりすぎるのは、合格を目指す上では効率的な学習とは言えません。約7割取れれば、楽々合格ラインを超えますので、そのあたりの「合格基準点」は何点なのかを意識した勉強をしましょう。
昔から大学受験予備校などでは、次のように言われています。

「講義を何度も聞いて、理解してから問題を解く。」よりも、
「講義を1回じっくり聞いて、問題を多く解くことで自然と理解に至る。」


後者の勉強方法の方が、難関試験を効率的に合格するには有効だと言われています。
全体を俯瞰して見る能力が必要であり、近道ということですね。



社労士講師室・伊藤修登

つづく。

※別段の記載のない限り、本原稿作成時点で施行されている法令に基づいた内容になっています。

TAC社会保険労務士講座では、無料のオンラインセミナーを不定期で行っています。
興味がございましたら、お気軽にご参加ください。申込方法等は、TAC社労士講座のホームページをご覧ください。

TAC社会保険労務士講座のホームページはこちら