【社会保険労務士】
「 違法な時間外労働は、絶対にダメですよ~~ 」



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 「 違法な時間外労働は、絶対にダメですよ~~ 」
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんにちは。今日は2021年11月26日。
現在大学3年生の人は、年明けの2月くらいから就職活動を始めるのでしょうか?
先行き不透明なこの時代に就職活動をしていく中で、いわゆる良い会社を探すのはなかなか難しいですが、ブラック企業だけは避けたいですよね。
今から何十年前だったでしょうか、その昔、転職雑誌のCMで、
貝の着ぐるみを着たタレントが、
「その仕事、やりがいありますか?」
というキャッチコピーで、転職希望者に問いかけるCMがありました。

貝

もちろん、仕事というのは、どうせやるなら、やりがいのある仕事の方がいいのですが、その労働者の純粋な「やりがい」という気持ちを利用した人気菓子店が、労働基準監督署から労働基準法違反により3年間で2度目の是正勧告を受けていたことが分かりました。

「1か月間で休みが、3日だけ」
「1か月間の時間外労働が、200時間超」
「午前4時~午後9時までの、17時間労働」


とか、かなり無茶苦茶な労働時間で、体調を崩す従業員が続出したとのことです。

🕓~🕘


そういうわけで、今週は、時間外労働の規定について振り返ってみましょう。
労働時間は原則として、1日について8時間、1週間では40時間とされていますが、労使協定(36協定)を締結し、労基署長に届け出た場合は、時間外労働をさせることができます。この時間外労働の限度時間は、原則として、

1か月=45時間以内
1 年=360時間以内


と規定されています。そして、臨時的な特別の事情がある場合には、次のように規定されています。

1か月 100時間未満(休日労働含む)
1年間 720時間以内
2か月~6か月 1か月当たり平均80時間以内(休日労働含む)

※原則の45時間を超えられる月数は、1年について6回まで。

原則として、時間外労働は、1か月45時間までなのですが、繁忙期などを考慮して年6回までは、1か月100時間未満の時間外労働が認められています。
そうすると、先ほどの菓子店ですが、1か月200時間を超える時間外労働は、明らかな労働基準法違反です。
1か月の法定労働時間は通常約170時間ですから、200時間の時間外労働って?
総労働時間数は約370時間、月の労働日数は26日位でしょうか?
1日の平均労働時間は約14時間。これが毎日続くと流石に疲労が溜まります。休憩時間を考慮すると在社時間は15時間以上だったはずです。
このような労働条件で、本当に美味しいケーキが作れたのでしょうか?どのような仕事でも労働時間が長くなれば、集中力に欠け、雑な仕事になってしまうと思います。

なお、この時間外労働時間の上限規制(法36条6項)に違反した使用者には次のような罰則が適用されます。

6月以下の懲役又は30万円以下の罰金


上記のように、悪質な場合は、懲役刑に処せられます。個人的には、6月以下の懲役というのは、軽いなあと思うのですが。現実的には、上記の菓子店は、2回とも是正勧告ということらしいです。3年間で2度の勧告というのは、かなり珍しいケースだと思うのですが、報道によると、

「1度目の勧告の後、担当した社員が退職し、是正勧告について社内で共有されなかったが、今は改善している。」

とのことですが、担当者が退職したからというのは、苦しい言い訳のような気がします。担当者が1名だけで、労務管理をしていたのか?と疑いたくなります。
あらためて思うことは、まずは従業員の労働環境を改善して、そして初めてお客様が満足できる美味しいお菓子を提供できるのではないかと思うのですが、皆様はどのように思いますか?



社労士講師室・伊藤修登

つづく。

※別段の記載のない限り、本原稿作成時点で施行されている法令に基づいた内容になっています。

TAC社会保険労務士講座では、無料のオンラインセミナーを不定期で行っています。
興味がございましたら、お気軽にご参加ください。申込方法等は、TAC社労士講座のホームページをご覧ください。

TAC社会保険労務士講座のホームページはこちら