【司法試験】R1合格者ブログ

~法科大学院からの司法試験合格日記~

 

第19話

試験直後にやるべきこと


1.はじめに

皆さんこんにちは。早いもので先日の短答式試験を持って令和2年度の司法試験が終わりました。皆さん、本当にお疲れ様でした。思ったより手応えがあったり、思うように力が発揮できなかったり各々思うところがあるでしょうが、とりあえず一区切りついたのではないでしょうか。

さて、本日は、司法試験直後の過ごし方についてお話ししていこうと思います。


2.司法試験直後にやるべきこと

司法試験が終わった後にやるべきこととしては、個人的にはまずしっかり休むこと、短答の答え合わせをすることかなと思います。

司法試験は、いつもよりハードなスケジュールだったと思います。また、精神的な負担も結構かかるものだったでしょう。思っていたよりも疲れたかなと思うので、ここで無理をすると体調を崩してしまうかもしれません。特に今年は、コロナが流行っていますので、もし疲れ等から免疫力が下がっているときに罹患したら、重症化するおそれもあります。まずはしっかり休みましょう。リフレッシュの期間は人によりけりだと思いますが、個人的には、短答式試験の結果発表までは羽を伸ばしてもいいかなと思います。

短答の件についてですが、とりあえずいち早く答え合わせをする人、手応えによって答え合わせをするしないを決める人、全く答え合わせをしないという人と様々かと思いますが、個人的には短答の答え合わせはするべきかなと思います。というのも、良かれ悪かれ結果が出ますから、いい結果であれば少しは気が楽な状態で短答の結果発表に望めますし、芳しくなかったとしても次への気持ちの切り替えが早くできます。仮に短答の点数が芳しくなかったとしても、来年に向けてすぐに勉強しなければならないわけではないかなと思います。むしろ、ダメだったとしても今年の司法試験に向けて頑張った体を労ってしっかり休息をとった方が後々のためになるでしょう。ちなみに、短答の答えについてですが、例年、予備校が揃いも揃って短答の出口調査をして回答らしきものをくれるので、これを利用すればいいかなと思います。ほぼ当たってるので、信頼していいと思います。

後、人によっては、事務所説明会に出たり就職活動に向けて行動する人もいるかと思います。僕も昨年は試験後就活を少ししていたので、これについてはまた次回お話ししようかと思います。


3.おわりに

以上、司法試験直後にやってほしいこととしてしっかり休むことと短答の採点を上げましたが、自分なりの過ごし方があるのであれば、それによるのもいいかと思います。あくまで個人的なおすすめなので、1つの参考になればと思います。とにかく、今年度受験された方々は本当にお疲れ様でした。

 

☆TAC/Wセミナー司法試験予備試験対策講座の詳細はコチラ   

⇒論文答練もTAC/Wセミナー!予備試験合格者講師の個別指導も受けられる「重要判例答練」の詳細はコチラ 

第18話に戻る