【司法試験】

H29司法試験合格者日誌

~論文過去問の絞り込み~


こんにちは。

 

前回の続きで,4Aで予備試験に受かるまでの私自身の勉強方法を書かせて頂きたいと思います。

 

中村先生の講座を購入してから翌年の予備試験の論文式試験を受けるまでに,私は具体的に以下の勉強をしました。

 

ア 4A論文解法パターン講義の予習

イ 講義を聞く

ウ 基本書・演習書を何冊か通読

エ 司法・予備短答過去問のうち,行政法・民法・商法・民訴法・刑訴法を繰り返し解く

オ 答練・模試の受講

 予備試験の論文式試験の法律実務基礎科目の全過去問について答案を書く

 

今回はについて説明したいと思います。

 

本来,過去問は全ての年度,全ての科目について答案作成まで行うべきです。 なぜなら,もう何度も書かせて頂いたとおり,試験対策として一番重要なのは「本試験現場で合格答案を書けるようになるための勉強」であるところ,過去問を使っての(時間厳守の)答案作成が本試験現場で答案を書くことに一番近い勉強だからであり,「本試験現場で合格答案を書けるようになるための勉強」として最も有効かつ適切といえるからです。

 

一方,過去問を全て答案化する,時間を測って書くというのは,やはり非常に時間と労力のかかる作業です。 全ての年度,全ての科目について実行するのは無理という方もおられると思います。 私自身も時間のない中でどうにかできないかと考えた結果,科目を絞ろうという結論に行きつきました。

 

そこで,どの科目を選んだかというと,私の場合,法律実務基礎科目(民事・刑事両方)だったのです。

 

その理由は,一番文章化が難しいからです。

 

今でこそ出題されなくなりましたが,予備試験の法律実務基礎科目の刑事では,犯人性を問う問題が何度も出題されていました。これは,言われてみれば当たり前の思考過程を,自分自身で言語化・文章化するという作業が要求されるもので,簡単なようで,しっかり訓練を積まないと全然できないものでした。

 

このような能力は,予備試験において民事・刑事共に事実認定チックな問題で今でも要求されているものだと思いますので,以上のことは今でも通用する話だと思います。

 

また,要件事実問題も,独特な言い回しや書き方を要求されるので,やはり実際に答案を書いてみることが重要な分野だと思います。

 

ということで,私は法律実務基礎科目に絞って,全年度分の過去問について答案を作成しました。

理想としては全年度,全科目の過去問の答案化ですが,現実路線で,できる範囲で答案を書くことが大切だと思います! 次回からは予備試験に合格してからの勉強内容について書こうと思っています!頑張ってください!

 

次回からは予備試験に合格してからの勉強内容について書こうと思っています!頑張ってください!

 

次回に続く!!