【司法試験】

H29司法試験145位合格者日誌

~インプットの方法(労働法)~


こんにちは。

 

前回まで長々と刑訴法について書いてきました。    

 

あとインプットの勉強としては,憲法・行政法・刑法・民法(・選択科目(労働法))が残っているわけですが,まずは労働法についてちょっと書かせて頂こうかなと思っています。  

 

というのも,そろそろ模試の結果が大体出揃ってくる時期だと思うのですが,それについて,選択科目とも関連して色々と物申したいことがあるからです。  

 

まず,模試の成績の受け止め方について,これはもう本当に色々な人が色々なことをおっしゃっていると思うのですが,私としては,模試の成績は良いに越したことはないという意見です。  

 

なぜなら,私は一昨年,二つ受けた模試の結果は,ランクDとEで,本番は不合格でした。  

一方,去年は,ランクAとBで,本番は合格でした。  

 

私は,模試の結果と本番の成績が比較的比例した部類でした。  模試の結果は本番と一切関係ないと断言できる立場にはありません。  

 

ただ,成績が良くなくて落ち込んでしまっている方に言いたいことがあります。  

 

それは,合格を諦めるとか,弱気になるとか,そういった必要は一切ないということです。  

 

というのも,模試の受験者層は,実際の受験者の中でもかなり実力のある方々が多いのではないかという印象があるからです。  

 

私は,本番不合格の年,模試の結果はランクDとEでしたが,本番の成績自体は,論文で1000番台にのっているぐらいで,比較的合格までもう少しという感じでした。  

 

私が特別本番に強いわけでもありません。  

 

これぐらいの点差であれば,これからの追い込みのかけ方によって,十分どうにかできる範囲だと思います。  

 

あと,具体的な話として,選択科目の成績が良くなかった方は,この一か月で本当に伸びます。  

 

選択科目の場合,成績が振るわなかった理由として単に勉強が進んでいないということが多いので,一か月みっちりやるだけで大きく変わります。  

 

ぜひ残りの日々を,有効に使ってください!

  

次回に続く!