【司法試験】R1合格者ブログ

~法科大学院からの司法試験合格日記~


第27話

二回試験後の過ごし方

 

1.はじめに

皆さんこんにちは。後一週間ほどで、2020年が終わりますね。今年は、コロナウイルスで大変な一年でした。司法試験の結果がまだ出ていないので、落ち着かない人もいるかと思いますが、年末年始くらいは頑張った自分へのご褒美として、しっかり休みましょう。

さて、先日二回試験の結果が出ました。今回はそれに触れつつ、二回試験後の修習生の過ごし方についてお話ししようと思います。  

 

2.二回試験後から試験発表まで

二回試験が終わると、三週間ほど結果発表を待つことになります。この三週間ほどの期間はなかなかにしんどい期間です。

 

私も以前司法試験の結果発表を待ったことがありますので、試験の結果発表までの期間、気持ちが落ち着かなくなるだろうとは思ってました。しかし、二回試験の結果発表は落ちる人が圧倒的に少ないこと、今回を逃すとまた一年間以上の期間を空けて再挑戦することになること、二回試験自体が辛いためもう受けたくないことなどから、ある意味で司法試験よりも嫌な気持ちになります。1パーセントしか落ちないと言われる試験ですが、いざ受けてみると自分が万が一にも1パーセントに入ったらと思うと不安でたまらなくなります。過度に恐れ過ぎる必要はありませんが、不安を解消するためにも、二回試験の対策はしておきましょう。

 

さて、結果発表までの期間、修習生としては最後の自由時間になるわけですが、この時期の過ごし方はさまざまだと思います。入所する事務所ごとに仕事の始期が異なるので、1月から仕事を開始する人は旅行などに行く人もいます(今年は少しそういうのが厳しいかもしれませんが…)。私のように弁護士会に一斉登録する日から仕事を始める人は、流石に長期間の旅行は難しいですが、それでも友達と遊んだりして羽を伸ばすくらいはできますから安心してください。

また、人によっては、入所にあたって必要なものを準備したりする人もいました。職印や名刺などについては、自分で準備することになるのか、事務所が準備してくれるのか、その辺りをしっかりと確認しておきましょう。中には、事務所が入所にあたって読んで欲しい書籍を送ってくれて、課題を解きながら準備する事務所もあるようです。

 

このように、二回試験後の過ごし方は人によって様々ですから、この期間をどう過ごすかを前もって決めておいて、有意義に過ごしてください。

 

3.おわりに

みなさんも74期の修習の集大成としてきっと二回試験を受けることになります。大変な試験ですが、しっかり勉強してれば通過できます。来期の受験生が全員合格することを祈っております。

 

☆TAC/Wセミナー司法試験予備試験対策講座の詳細はコチラ   

⇒論文答練もTAC/Wセミナー!予備試験合格者講師の個別指導も受けられる「重要判例答練」の詳細はコチラ 

第26話に戻る