【司法試験】R1合格者ブログ

~法科大学院からの司法試験合格日記~


第28話

修習までにやるべきこと

 

1.はじめに

みなさんこんにちは。とうとう先日、司法試験の合格発表が出ましたね。昨年の司法試験は、延期が重なり8月の試験となり、結果発表を年をまたぐ形となるなど、かなりイレギュラーな日程となり、結果発表まで長い時間がかかりました。それだけに、合格した人たちの感動はひとしおでしょう。本当におめでとうございます。

他方で、残念な結果だった人もいるでしょう。しかし、挫けることはありません。今までの努力は、裏切らないと思います。司法試験の結果と向き合い、今回の試験で不十分だったところをしっかりと対策すれば、今年の司法試験に合格できます。あと4ヶ月、頑張ってください。

さて、本日は、第74期の修習生となる人へ向けて、今の時点でやっておくべきことを述べようかと思います。


2.修習に向けてやっておくべきこと

まず初めに、早めに修習の申し込みをしましょう。私のブログが上がっている段階では、ほとんどの人が申し込み済みかもしれませんが、まだの人がいれば、期限が早めに設定されていると思うので、急いで出すようにしましょう。多くの方は修習地で悩まれるかもしれませんが、あまり深く考えず、自分の思うように組んでみましょう。例えば、就活に力を入れたいから就活しやすそうな土地で固めたり、一生に一度の経験になるかもしれないから行ったことのない土地で修習してみたり、どのように選んでも良いと思います。必ず希望地に行けるとも限らないので、ある程度の方向性を示すという程度の重みで考えるのがいいかなと思います。

次に、個人的にやっておくといいことは、事務所の説明会などに参加することです。今年は、事務所の説明会もリモートで開催されたりするかもしれませんが、そういう形であっても事務所の方の顔が見えたりするのは一つ事務所の雰囲気を感じるのに有益です。今のうちに決めなければならないということもありませんが、自分のキャリアプランを意識するには有益な場だと思うので、積極的に参加してみましょう。特に今年は、導入がオンラインでの行われるということですので、74期の同期と出会ういい機会かもしれません。

後、今のうちから準備しておくと良いのは、パソコンの用意でしょうか。修習では、起案をパソコンで行うことが多いですし、また、導入修習や集合修習がオンラインで開催されることとなれば、パソコンの出番が多くなると思うので、ある程度使いやすいパソコンを用意しておくとスムーズに修習が進むかもしれません。

勉強については、今の時点でものすごく頑張っておくことはないかと思いますが、もしどうしても勉強が不安だという人は、要件事実の勉強をしておいてください。修習では、意外と新問研の内容が細かく問われたりしましたので、これをしっかり読み込んでおくくらいでいいのではないでしょうか。もちろん、類型別であるとか、大島本も非常に有益ではありますが、こと、修習への準備となると、まずは新問研かなという感じです。

 

3.おわりに

以上が74期の修習生に向けてやっておいて欲しいことです。これが全てではないですし、また、これをやらなければならないというほどのことばかりではないですが、参考程度になれば幸いです。

楽しい修習生活に向けて、頑張ってください。

 

☆TAC/Wセミナー司法試験予備試験対策講座の詳細はコチラ   

⇒論文答練もTAC/Wセミナー!合格者講師の個別指導も受けられる「重要判例答練」の詳細はコチラ 

第27話に戻る