【司法試験】

H29司法試験145位合格者日誌

~合格発表前の過ごし方~


こんにちは。

 

明日はいよいよ司法試験の合格発表ですね。

 

緊張されている方がほとんどだとは思いますが、中には普段と何ら変わらない精神状態だという豪胆な方もおられるかもしれません。

 

私はというと、1回目はかなり緊張しました。発表前日はもちろん眠れませんでした。巷では、前日の夜は受験生友達と飲み明かして、当日の朝お酒の力で無理やり寝ることによって、起きたらもう発表時刻の16時だという状態になることができ、一番緊張する発表直前の数時間、数十分をスルーできるという方策が披露されているようですが、お酒が苦手な私には困難な方策でした笑。

 

ということで、私は、前日の夜は、眠れないのを利用して、徹夜して、翌日(=発表当日)朝8時頃まで起きていました。

 

そこまで起き続けていると、流石に睡魔が襲ってきたので、寝て起きたら、それでもまだ朝10時でした。私としては、起きたら16時になっているという計画だったのですが、結局2時間しか寝られませんでした。それくらい緊張していました。心臓の鼓動があまりに早くて、発作でも起こしてしまうのではないかと心配するほどでした。

 

発表直前は、気が置けない友達に電話をかけ、なんとか気を紛らわせながら待ち続けました。

 

16時になったらすぐに法務省のサイトにアクセスしましたが、中々繋がらなくて、これを待っている時間が本当に長く感じられました。

 

番号がないと分かった時は、もちろん悲しくて、しばらく放心状態になりましたが、あの緊張状態からようやく解放されたんだという安心感に基づく嬉しさもほんの少しですがありました。それだけ辛かった1日でした。

 

2回目の時は、2回目ということもあってか、多少緊張度合いは小さめになりましたが、それでも普段通りの生活は全くできず、睡眠時間や就寝・起床時刻等は1回目とほぼ同じ時間割でした。

 

合格が分かった時は、もちろん嬉しかったですが、やっと解放されたという安心感も強かったです。 この1日は、本当に色々な感情が駆け巡ると思います。 嫌なことを言いますが、不安で緊張している方は、その感情を抑えるのは不可能だと思います。

 

今の自分の状態を受け入れた上で、可能であれば親友の力を借りるなどして、なんとか乗り越えてください。

 

次回に続く!