【司法試験】H30合格者ブログ

~EF答案を回避して確実に合格~


第1話

自己紹介

 

初めまして、本日からブログを更新させていただきます、平成30年度司法試験合格者です。

 

早速ですが、自己紹介と今後のブログの方針についてお話したいと思います。

 

私は、法科大学院修了生の資格で司法試験を受験し、2回目の受験で合格しました。そのため、私が皆様にお伝えできることといえば、短期合格の秘訣といった類のものではなく、複数回受験生の方に向けたリベンジするための合格戦略であると考えています。

 

というのも、予備試験は、短答試験には3回合格するも、論文試験には合格することができず、司法試験も1回は論文試験で落ちているため、「論文試験で落ちる」ことに関しては、かなりの経験の蓄積があるからです。

 

自らの失敗談を惜しげもなくかつ赤裸々に語りますので、皆様の反面教師にしていただければ幸いです。

 

そして、今後のスケジュールですが、あくまでも読者の方の司法試験・予備試験の参考になることを念頭に置いているので、まず、いきなりですが、2回を使って、短答試験の足切り突破法についてお話します。その後、主要7科目について、各1回ずつを使って、私の提唱する『E・F回避』(※詳しくは更新をお楽しみに!)のラインの分析に充てたいと思います。その更新が終わったあたりで、司法試験・予備試験短答試験の日程が迫ってきていると思われるので、試験に臨む心構えを語りたいと考えています。そして、試験後は、合格発表までの過ごし方や受験後の就活の話を語り、合格発表後は、修習開始までにやっておいた方がいいこと等を語りたいと考えています。

 

それでは、これから1年間、よろしくお願いします!

 

 

次回に続く!