【司法試験】 H30合格者ブログ

~僕の失敗、からの更生記~

【自己紹介】


はじめまして。この度週替わりでブログ記事執筆を担当させていただく、平成30年度に司法試験に合格した者です。

 

今回は、私の自己紹介からどのようなことを書いていくかをお伝えする総論的なものです。

 

私は、平成29年度に予備試験に合格して、翌年の平成30年に司法試験に合格しました。ここだけを見れば、順風満帆と思うかもしれません。しかし、僕はタイトルにもある通り、あまりにも怠惰な性格と場当たり的な対策が影響して、予備試験を五回も受験することになりました。

 

そこで、皆さんには私のように避けられる無駄をなんとかして避けて欲しいという思いから筆をとりました。

 

確かに、予備試験は難関ですが、短答に1回落ちてそのまま論文を3回も落ちたと思ったら一転して予備試験に最終合格をして直後に司法試験にも合格するという、難関だけを理由にできない落ち方をしています。

 

そして、当時言われていたことを今振り返ると、あの時こうしていたらと後悔が尽きません。

 

そこで、皆さんには自分のような失敗はして欲しくないので、これからお伝えする事をこんな人もいるのだと笑い飛ばしてくれるくらいになって欲しいです。

 

これからの当ブログのスケジュールですが、まず予備試験受験と司法試験受験を受験生編として、それぞれ1年ごとにどのような失敗をしてから成功に至ったのかをお伝えします。受験年によっては2回に分けてお伝えすることになると思います。

 

私の更生記が終わった後は、各教科について自分が成功するのに何を変えたのかを短答と論文についてお伝えしたいと思います。

 

受験生編が終わったら、最後に合格発表までの自分は何をしていたのかをお伝えして、発表当日編で締めたいと思います。

 

ふつつか者ですが、どうぞよろしくおねがいします。

 

<次回予告>

予備試験受験開始から初受験の大失敗編

 

どうぞ、お楽しみに。

 

 

次回に続く!