【司法書士】乙ちゃんブログ第12回
手に取ってご自由にご覧下さい。



「吾輩は、40代司法書士受験生である。」



乙ちゃんも“マイ六法選び”は迷った。

司法書士の勉強をするにあたり,
“六法全書”を購入しなければならない。
乙ちゃんがどのようにして“マイ六法”を選んだか(今年の4月頃だったと思う),
今更だが書かせていただこうと思う。

ご承知の通り,六法は各社様々な種類のものが販売されており,
各々特定の資格試験の勉強に“向き不向き”があるから,
“司法書士”の受験勉強に適しているものを選ばなければならない。

そして,もう一つ。
乙ちゃんは,“2020年の司法書士試験”を受験する予定であるから,
「民法の改正(債権法・相続法)」が当然組み込まれているものが必要である。

そこで,講師の方のお話や,TACの事務局の方の話,ネットの情報等を考慮し,
以下の3種類まで絞り込んだ。
① 模範六法(三省堂)
② 詳細登記六法(きんざい)
③ 模範小六法(三省堂)
そして,書店にて上記3種類を手に取り,
実際に中身を読み比べてみたのだ。

ちなみに,六法を購入した方ならご存知であろうが,
六法はケース(箱)に入っているので,


参照するには箱から取り出さなければならない。

 

特に書店などの場合は,現品限りの売り物であることがあるので,
立ち読み感覚で箱から取り出す際に,
注意深く扱うのが“礼儀”であろう。

しかし,実は箱の中には六法本体だけではなく,
“書籍のチラシ”やら,“追補版請求のはがき”“インデックスシール”など
チラシ系の紙類が多数入っているのである。


これが結構な量であるので厄介である。


 

案の定。

乙ちゃんが“六法本体の表紙の角を折らないように”っと,
丁寧に箱から取り出すことだけに集中した結果,
スルッとつられて出てきたチラシ類を,


書店の六法コーナーにぶちまけてしまった (;゚Д゚)
 

さらに慌てて回収するも,動揺していたので,
チラシを手で掴んだ際に“くしゃっ”としてしまい,
さらに“てんやわんや”の大騒ぎであった。

六法を立ち読みされる方,是非,ご注意いただきたい。
気をつけるべきは,六法に同封されるチラシ類の方なのである。



いつも通り,話がそれまくった。


 

とにかく,中身を読み比べてみた乙ちゃんの個人的感想を述べておく。

乙ちゃんが一番良いと思ったのは,②詳細登記六法である。
司法書士の受験勉強だけでなく実務に必要な法令“のみ”が,
全て収録されている点はこれ1冊で大丈夫という安心感をくれる。
この“余計な法令が載っていない”という点は非常に重要である。
また,“文字が大きく”中高年には非常にありがたい。

しかし,一方で欠点もある。
「平成31年版」では上記民法の改正条文は本体には入っておらず,
別冊付録で参照できるに過ぎないという点である。
乙ちゃんは2020年受験であるから,これは使いにくい。
あくまで2019年受験の方用のような気がする。
このように,受験年度で左右される六法である。
「令和2年版」であれば,2020年受験の方でまだ六法を買っていない方は,
買うべきであろう。

講座で推奨しているのは,①模範六法である。
実際,司法書士講座の事務局の方に伺ったので間違いはない。
これはほぼ全ての法令が収録されているし,判例も載っているから,
これ1冊あれば司書士受験勉強においてなんらの支障もないであろう。
鉄板である。

ただ,値段が高く,

サイズがデカい!デカすぎる!(;´・ω・)

持ち歩くのに不便であることこの上ない。
必要な法令だけ切り取って携帯している“猛者”もいると聞くが,
不器用な乙ちゃんには六法を切り取るなど,作業的に酷な話である。

最後に,乙ちゃんが購入しのが,③模範小六法である。
これは上記①模範六法の“ミニ版”であるが,ざっと見た感じ,
試験勉強に必要な法令は網羅してあるし,民法の改正にも対応している。
値段も一番安いし,コンパクトである。
持った感じ,使いやすいかなと思ったし,実際その通りであった。
現在,会社法の勉強をしている乙ちゃんであるが,
今までこれを使って不自由に感じた覚えはない。

上記は,2020年の司法書士試験を受験する乙ちゃんが,
2019年4月の段階で吟味したものである。
おそらく,これから10月~11月にかけて,
新しい“版”の六法が刊行されると思うから,
今の時点で六法を持っていない方は,そちらを待つのがベストであろう。



 

これが,乙ちゃんが使っている模範小六法の話である。 to be continued



乙ちゃんブログを最初から読みたい方はこちら

Wセミナー司法書士講座のホームページはこちら