【司法書士】乙ちゃんブログ第13回
合格のカギは過去問にあるらしい



「吾輩は,40代司法書士受験生である。」


先日の台風で被害に遭われた方にお見舞いを申し上げます。
乙ちゃんは幸いにも被害を受けずにすみましたが,
同じ受験生の方で被害に遭われた方,本当に大変だと思いますが,
再び環境が整ったら,また前を向いて一緒に頑張っていきましょう。
頑張れ!司法書士受験生!


乙ちゃんはついに“過去問集”を購入した。

乙ちゃんが使用している は,
言わずと知れた“オートマシステム”シリーズである。
また,講義の副教材である“新・でるトコ一問一答”も手元にある。
しかし,過去問集を持っていないため,この度購入しようと思ったのだ。

もちろん,オートマテキストには「参考問題」として,
過去問がところどころ載っているのではあるが,
問題集として過去問集が欲しかったのである。

以下,乙ちゃんの個人的な感想なので,そこは大目にみていただきたい。
あくまで,個人的にそう思ったというだけで,“中身の良し悪し”は批評していない
(というか,そもそも初心者受験生の乙ちゃんが中身の批評などできるはずないのである。)

TACの受付の書籍コーナーには当然他社の書籍は置いていないので,
なるべく多くの書籍と比較するため,
乙ちゃんは自分の使う教材は大きめの書店で購入することにしている。
(仕事場の都合上,会社の近くの三省堂書店で購入することが多い。)
六法の選択の時と同じように,置いてある過去問集を一通り見させていただき,
購入するものを以下の3つに絞った。
・合格ゾーン(LEC)
・司法書士択一過去問本(辰巳法律研究所)
・パーフェクト過去問題集(TAC/Wセミナー)

いずれも2020年版である。

ちなみに,オートマテキストを使っているなら,
“オートマ過去問”を使えばよいのではないか?という選択肢もあった。
「必要な過去問はコレだけ!」というのに惹かれる。
内容も“でるトコ一問一答”のステップアップ版のような感じで,
オートマ受験生にとって正当な流れなのかな?とも思った。
しかし、

乙ちゃんは本試験と同じ五肢択一式の問題が解きたかったのである。

このため,一問一答形式の“オートマ過去問”はあきらめることとなった。

初めに手に取ったのは,LECの“合格ゾーン”である。
こちらはネット上での評判も上々であったし,
形式面でもページの行間が空いていて“読みやすい”という印象であった。
しかし,2020年目標の合格ゾーンは,乙ちゃんが書店に行った時は,
民法しか発売しておらず(法改正の影響であろうか?),
乙ちゃんは特に現在学習中である「会社法・商法,商登法」の問題が見たかったから,
購入は見送ることにした。

次に,辰巳の“司法書士択一過去問本”を手に取った。
この本の一番の特徴は,文庫本のような“形状のコンパクトさ”と,
解説が1ページで完結しているという“内容のコンパクトさ”であろう。
また値段も“安価”である。総じて良いという印象だ。

一方,TAC/Wセミナーの“パーフェクト過去問題集”は,
上記の“司法書士択一過去問本”と対比すると,
コンパクトさという点で劣るものの,
“解説がしっかり書かれている”感があり,
“ウラ解き!”という解答に当たっての“ひと言アドバイス的”なもの(?)が,
(全部ではないが)掲載されているから,
本試験を経験していない乙ちゃんにとっては,役立ちそうであった。
また,値段についても“ネットでセットで買えば割引がある”ため,
上記と比べてもそんなに差があるものでもない。

結果,“パーフェクト過去問題集”に決めた。


「結局TACの宣伝かよっ!」(-_-;)
と思われるかもしれないが,決してそうではなく,
結局のところ自分が「何を求めているか」で比較して決めるのが最善の選択であると乙ちゃんは思うのである。
偉そうではあるが。
前述のように,乙ちゃんが使っているオートマテキストにも過去問が掲載されているが,
一人で学習するには“テキストの過去問解説が簡潔過ぎる”と感じたので,
“解説が詳しめの過去問集が欲しかった”のである。


興味のおありの方は,TACの書籍販売サイトをご覧いただきたい。
https://bookstore.tac-school.co.jp/

最後に,もっとも気をつけなければならないことがある。

「買っただけで満足しないこと」( ̄― ̄)


乙ちゃんは怠け者なので,
上記は自分自身に投げかけた言葉である。
よーし,ガシガシ解くぞー!

【W4619】2020年度版 司法書士 パーフェクト過去問題集 1 択一式 民法〈総則・債権〉.jpg    


 

これが,乙ちゃんが初めて過去問集を購入した時の話である。 to be continued



乙ちゃんブログを最初から読みたい方はこちら

Wセミナー司法書士講座のホームページはこちら