【司法書士】乙ちゃんブログ第16回
過去問集の優先科目を丸で,
)!



「吾輩は,40代司法書士受験生である。」


乙ちゃんは合格祝賀会に出ることを夢見ている。

乙ちゃんとTACとの出会いは,ブログ1回目で書かせて頂いたように,
書店でのパンフレットであった。

はじめは司法書士という職業すらよく理解していなかった
(こんな素人が思ったことをただただ書き綴っていること自体,
並行してブログを書いている中山先生には申し訳なく思ってしまうのである)のであるが,
勉強をしていくうちに法律を面白く感じてきたし,
合格したいという気持ちも強くなった。
そもそも,“こういう仕事に憧れて”その資格取得を目指すのがスジであるのだろうが,
乙ちゃんの場合は,“この年からでも仕事がある(できる)資格”
というところからスタートしているため(ブログ第1回目参照!)
何かこう漠然とした形で勉強を始めてしまっていたのだ。
でも,それでいいと思っている。
今,合格したいと思えているのだから。

そのパンフレットには,“合格祝賀会”の写真が載っている。

さすがは合格者の方々である。
どの方も素敵な笑顔で,達成感に満ちた表情をしている。
難関試験を突破したのだから,当たり前というべきであろうか。
乙ちゃんより年配の方も少なくないが,みなさん充実した表情だ。
乙ちゃんは“イケメン”ではないし 中年男”ではあるが,
合格してここに載った時は,同じように“輝いた”表情をしているのであろうか?
(頭皮だけが “輝いて” 見えてしまうのではないかと少し不安である。
その点はまさに,“髪(紙)一重”であろう。)

その祝賀会が先日行われたようであった。HP情報である(;^ω^)
とにかく,祝賀会に出られるように頑張っていきたいなぁと改めて思ったのであった。
もうすぐ商法・商業登記法の講義を見終わるところまできた。

過去問集の話である。
暇を見つけては開いて進めているのであるが,

これが全然進まない(;゚Д゚)


「講義の視聴 → テキストの読込み → 過去問集」
これを毎日進めていくのは正直キツイ。

そんな中,“受験仲間の丙ちゃん”が“良いのがあるよ”と教えてくれたのが,
TACの視聴無料の公開セミナー動画である。
(そうそう“丙ちゃん”とは突然登場したが,
新宿校の休憩室でたまたま出会った受験仲間なのである。
また機会があれば彼の話もしたいと思う。)

丙ちゃんは“受験経験者”であって,
“姫野講師”の講義を受講しているいわゆる“中上級者”である。
中上級者・・乙ちゃんから見れば,
ドラクエⅢでいうと,スタートからは転職できない,
“賢者”クラスの職業といえるだろう。

無料で誰でも視聴できるからと,勧められるがままに,
「秋から始める2020年度本試験対策」を視聴してみたのである。

姫野講師の分析力に感銘を受けつつ,


そこから,過去問集をやる科目の優先順位が見えてきた。
「過去問の知識のみで正解できる問題数」という資料によると,
優先順位が高い科目は,「民法」と「不動産登記法」である。
(マイナー科目は,乙ちゃんはまだ未学習なので省略する(;´・ω・))
この2科目は過去問の知識が他の科目と比較して繰り返し問われている率が高いので,
優先的にやる必要があるのだ。

乙ちゃんは現在,「会社法・商法・商登法」を学習中であるので,
過去問集も「商法・会社法」から始めていた。
当然,悪いことではないと思うのであるが,
まずは「民法」・「不動産登記法」からやろう!と方針を変えたのである。
おそらくこのペースだと,過去問集全12冊をやり切るのは間に合わない気もする。
そうであれば,優先順位の高い科目からやるのがベターのはずだ。


画像タイトル


 

これが,乙ちゃんが過去問集にも優先順位があると知ったという話である。 ⇒to be continued


乙ちゃんブログを最初から読みたい方はこちら

Wセミナー司法書士講座のホームページはこちら