【司法書士】乙ちゃんブログ第20回
「20回記念に健康祈念!」



「吾輩は,40代司法書士受験生である。」


乙ちゃんブログがついに20回目を迎えた。
ひとえに読者のみなさんのおかげである。

当初“中年受験生の受験日記”として,勉強への奮闘ぶりを赤裸々に描く,
“リアリティーブログ”というコンセプトであったが,
(昨今,若者に人気の“テラハ”なる番組と同じであろう)
“なぜか”単なる“おじさんの戯言”のような感じになってしまい,
「勉強に関係ないではないか。」とおしかりを受けることも少なくなかった。

ただ,言い訳がましいが,乙ちゃんは講師でもなければ,合格者でもないので,
勉強の内容に関することは多く語れないのだ。
今後もご容赦いただきたいのである(;・∀・)


さて,乙ちゃんは健康診断を受けた。

といっても,姿勢を正して自分から受けに行ったとかではなく,
単に会社で行われる“定期的な行事”として参加したにすぎない。

しかし,憂鬱である。

採血で血をとられることや,バリウム検査も毎年のことではあるが,
この歳になってもやりたくないと思ってしまう。
診断結果も毎年どこかしらに“要検査”,“要治療”の判定が下されるため,
自分の身体のこととはいえ,目を背けたくなる。

憂鬱である。


しかし,今年こそは!と思い体調管理をして臨んだ。
難関のバリウム検査も無事に済ませ,
体重と腹まわりが若干減ったことに気を良くしたので,
午後は仕事が休みであるから,TAC渋谷校によって1コマ学習してから帰ることにした。

マイナー科目の講義は楽しい。
民事訴訟,執行手続,保全手続,供託手続などなど。
普通に生活している限り,関わることのない制度である。
そのため,新鮮であった。

乙ちゃんは,「入門生は学習期間が長いから,挫折してしまう方も多くいる」
と聞いたことがある。

特に仕事しながら勉強するとなると,
「今日は疲れたから。」ということで勉強もついつい後回しになるし,
逆に,「疲れているけどやらなきゃ!」と嫌々やるのもまた続かないものだ。

そう,楽しめなければ何事も続かないのである。

だからこそ楽しいと思いながら進めていくのがコツだと乙ちゃんは思う。
“こんな乙ちゃんでも”,マイナー科目と記述式講義まで挫折せず来れたのだから。

バリウム検査の下剤でお腹が緩くなってきた,
今日はもう切り上げて帰ろう。

そう思ってエレベーターを待っていると,
後ろにある階段への扉がキィーっと開き,
“講師Ⓚ (サークルケー)”がひょこっと顔を出した。
(講師Ⓚ については乙ちゃんブログ第15回第17回をご参照のこと。)

講師Ⓚ 「アレっ,乙ちゃんさん。お帰りですか?」

乙ちゃん 「ああ,先生こんにちは。今日はもう帰ろうかなぁ~と。午前中に健康診断受けてバリウム飲んだから。なんかお腹が調子悪くて・・。先生は講義ですか?」

講師Ⓚ 「ええ,収録講義があったものですから。しかし,健康診断受けてその足でTACに来るとは,さすがっ!受験生の鏡ですね。」

乙ちゃん 「いやいや,家に帰ってもYouTubeとか見ちゃうだけなんで。TACは過ごしやすいから,抵抗なく来れちゃうんですよね。」

講師Ⓚ 「しかし,健康診断ですかぁ。私も一人暮らしですから,ついつい外食ばかりなんですよねー。高カロリー,高脂質のものばかり食べてるから,血液ももうドロドロ。気をつけなきゃなぁ。」

乙ちゃん 「先生,お若そうに見えますが,たしか私と同世代ですよね?そうなんですよねー,コレステロールとか脂肪とか,血液ドロドロになってるんだよなー。」

講師Ⓚ 「そうなんですよ。講師だけに,
“講師(高脂)血症”ですね。あーははははははっ。」

乙ちゃん 「・・・・(;´-ω-)」

講師Ⓚ 「あぁっ!乙ちゃんさん!エレベーター行っちゃいましたよ!」


中高年受験生のみなさん,
受験も身体が資本ですから!

健康診断



これが,乙ちゃんの健康診断の話である。 ⇒to be continued

 

☜乙ちゃんブログ第19回 「試験会場まで,タビ(旅)ることになるのか!」はこちら

 

乙ちゃんブログ第21回 「受験生には,手コロナ(頃)な値段でマスクをあげてください!」はこちら☞

 

乙ちゃんブログを最初から読みたい方はこちら