【司法書士】 乙ちゃんブログ第32回
「忘れずに願書を出願しよっ!」



「吾輩は,40代司法書士受験生である。」


乙ちゃんはまだ願書を出願していない。

出願に必要なものは大まかに云うと3点ある。

①収入印紙,②証明写真,③郵送申込用の封筒や切手等

である。

実は“収入印紙”はもう用意してあるのだ。
受験料は金8,000円である。
収入印紙の額面の種類に8000円のものがあるから通常は1枚で済む。
もちろん,組み合わせて合計8000円になれば良い。
(だが,願書に貼るスペースが決まっているので,200円を40枚貼ることはできないであろうし,貼って出したら軽い嫌がらせだと思われるであろう。)

しかし,8000円というのは馬鹿にならない金額である。
「これだけ受験料で払うんだから,頑張らなきゃ!」
とモチベーションが“上がらざるを得ない”金額だ。

ちなみに,インターネットで「8000円でできること」と検索すると,
“日本一の清流が育んだ天然鮎を1㎏購入できます。”とあった。
・・・えーと,凄いのかな。いや,凄いよ,凄い!
“天然”の鮎だから!しかも“1キロ”だしっ!(;・∀・)


次に用意しなければならないのは,“証明写真”である。

これが乙ちゃんはまだ用意できていないのだ。
証明写真機のボックスに入って,出てくればよいだけなのだが,
昨今のコロナ禍の影響で,最近乙ちゃんは床屋に出かけておらず,
いわゆる“ロン毛オヤジ”であるので,
はたして“髪を切ってから撮影しようか,このまま撮影してしまおうか”
と悩んでいるのである。

ただの40代のオジサンが何を恰好つけているんだよと。
モデル気取りかよと。誰も見てねーよと。
自分でも思うのではあるが,そういうことではなく,
今の“ロン毛オヤジ”のまま写真を撮った場合,
本試験までにはまだ2ヶ月以上あるため,確実に髪を切ると思うのだ。
だとすると,かなり容姿が変わることになる。
試験会場で写真と明らかに違う人物だと誤解されないであろうか。
まして,試験監督は“フェイスシールド”を着用している可能性がある。
しかもこちらはマスク姿だ。
容姿の判別が通常よりつきにくい状況で,つまみ出されることはないにしても,
声をかけられたりするのではないかとドキドキになる。試験どころではない。
乙ちゃんは,40代だが情けないほどの心配性なのである。
結論として,髪を切ってから証明写真を撮ろうと決めた。


最後は“郵送申し込みの準備”であるが,こちらはタイミングが問題である。

実施する都道府県には複数の会場が用意されている。
例えば,東京会場は,
申込順で,1番~2069番が「日本大学」,2070番以降~が「早稲田大学」となる。
日本大学といえば“TAC水道橋校”が近い。
水道橋校に通っている方には“地の利”があるのではないか。
なので,日本大学で受けたい場合は,2069番までに入るために早めに出願する必要がある。

みなさんも,お受けになる受験会場が少しでも有利になるように,
事前に調べ,出願のタイミングをお間違いにならないように。
なお,法務局に問い合わせれば,現在何番くらいなのか教えてくれるらしい?ので,
気になる方は,問い合わせても良いかもしれない。

兎にも角にも,出願期間は8月4日(火)まで

であるので,まだの方は忘れず出願してほしい。
乙ちゃんも今週中には出願しようと思う。





これが,乙ちゃんがTHE ALFEEの高見沢俊彦に憧れてロン毛にしているという話である。  ⇒to be continued


☜乙ちゃんブログ第31回 「司法書士試験の試験日決定!これで受験勉強は苦にな(9.27)らない。」はこちら

 

乙ちゃんブログ第33回  「猛暑をどうしよっ!」はこちら☞

 

乙ちゃんブログを最初から読みたい方はこちら