【司法書士】現役司法書士 中山慶一のブログ~司法書士を楽しむ~
第63回「アナログ人間の定款認証
その3」



 こんにちは。司法書士の中山慶一です。

 「アナログ人間の定款認証 その3」の最終章です(笑)

 まずは、「フェイスハブ問題」をクリアしようと、おそるおそる、公証人さんから届いている「TV電話用のURL」をパソコンからクリックしてみました。

 すると、「おぉ!僕が画面に映っている…。」どうやら、これで問題がなさそう。特に、パソコンの場合には、「フェイスハブ」のアプリは気にしなくていいらしい。

 ただ、パソコンが調子悪い時に備えて、携帯にアプリはダウンロードしておいた方がいいような気がする…。まぁ、なんとなく、そんな気がしたのですが、これが後でナイスな判断だったことになります(笑)

 さて、僕は携帯にアプリをダウンロードするのが嫌いです。

 よく分からないアプリをダウンロードして、ウィルスに感染するんじゃないか…という心配があるので、まず、ダウンロードしません(笑)

 でも、今回は仕方がない。フェイスハブのアプリを検索して探してみました。

 ありました。ありました。ただ、アプリの評価が「1.7」…。

 えっ?評価が低くない!?「アプリの評価が低い=危険なアプリ」みたいな印象で、怖かったのですが、とりあえず、公証役場で使っているんだから大丈夫!と言い聞かせてダウンロード。

 同じように、「TV電話用のURL」をクリックしてみると、勝手にアプリが起動して、「通話待機中 相手からの着信をお待ちください」との画面。

 こちらもなんとかいけそう。「フェイスハブ問題」は解決か!?あとは本番を待つのみ。

 ところが、最後の最後で、問題が勃発。

 定款認証の当日、予定が入って、出先から定款認証を受けることに…。

 僕はWi-Fiというものがよく分かっていません。なので、出先からパソコンのインターネットにつなぐ方法がよく分かりません。「ポケットWi-Fi」みたいな言葉は聞いたことがあるのですが、そんなもの持っているわけもなく、どうしよう…出先からどうやってインターネットに入ろう…。

 知り合いに聞いてみると、携帯から「インターネット共有」を選ぶと、パソコンのインターネットにつながるよ!というアドバイスを受けて、なんとか、パソコンを持ち出して、出先に向かいました。

 そして、定款認証の30分前。

 パソコンを立ち上げて、なんとかインターネット共有をするものの、なかなかインターネットにつながらず、15分前になって、やっとインターネットにつながるも、カメラが起動しない…(汗)

 ヤバい…。

 10分前になっても、カメラが起動しない。そして、パソコンがフリーズ。

 こうなるとアナログ人間の僕には、何が起こっているのか、よく分かりません。

 「仕方ない。スマホのアプリに変更しよう!」

 ホント、アプリのダウンロードをしておいて良かったです。

 「TV電話用のURL」をクリックすると、事前に確認していた「通話待機中」の画面が…。

 「間に合った!」

 ホッとしたものの、待っている間、めちゃくちゃ緊張します(笑)

 「とりあえず、本人確認の免許証と会員証を準備しておくか…。」

 しばらくすると、着信のメッセージが…。

 「応答」を押すと、よく知っている公証人さんのお顔が…(笑)

 公証人さんが「わぁっ、車やん」と第一声。

 そうです。外出先、仕方なく、車の中で作業していました。

 公証人さんに、「大丈夫です。運転中じゃないですから。」と伝えると、

 「じゃあ、本人確認するんで、運転免許証がカメラに入るように、一緒に映ってくれる?」

 どうやら、あちらで画面をキャプチャーしているっぽい。

 「次は、会員証を持って、映って。」

 事前に準備しておいてよかったです。ゴソゴソ、探していたら、気まずいですよね(笑)

 運転免許証と会員証の画面のキャプチャーが終わると、公証人さんが、

 「ここに、株式会社〇〇〇〇の定款があって、この定款の最後に電子署名がされているんだけど、これは先生が電子署名したものですよね?」と質問。

 僕が、「はい。」と答えると、「じゃあ、終わるね」と公証人さん。

 「えっ!?これだけ?まだ、電話を受けてから2分ですけど。」

 「30分くらいで処理が終わるから、また、データは30分後くらいにダウンロードできるから。定款の謄本は、夕方に赤色レターパックで送りますんで、以上です。では。」で、ソッコー、電話が切れました(笑)

 あまりの時間の短さにポカーンとしていると、メールでメッセージが…。

 「申請番号〇〇の手続について、電子公文書が発行されました。」

 どうやら、30分くらいで処理できる内容が、終わったらしい。たった、1分で…(笑)

 「登記供託オンライン申請システム」にログインしてみると、「公文書の作成が完了しました。ダウンロードを行ってください。」のメッセージ。

 「でも、ダウンロードのボタンがないぞ!?どこからダウンロードか、よく分からないぞ。」と思いつつ、

 「電子公文書の書き出し」というボタンがあったので、「これかなぁ~」と思ってクリック。

 ビンゴ!

 実際に、テレビ電話での定款認証を受けてみて、こんなに楽だとは思いませんでした。

 僕の事務所から、公証役場までは40分ほどですが、往復すれば、定款認証の時間も入れると2時間弱かかります。駐車場がないので、歩く時間もあれば、駐車料金もかかります。

 それが、携帯アプリ1つで、車の中で、たった3分で終わり。

 確かに、公証役場に送る赤色レターパックや、定款認証の費用の振込み手数料がかかりますが、どこにいても、たった3分で終わるとなると、こんな便利な話はないです。

 ちょっと感動。次も絶対に「テレビ電話での定款認証」に決まり!です(笑)

 ということで、ぜひ、皆さんも合格した後は、「テレビ電話での定款認証」をご利用下さい。本当に便利ですよ!

 えっ?もう一つの問題、「CD-Rダウンロード問題」はどうなった、って?

 とりあえず、「CD-R」って書いてあるCDみたいなものは買ってきました。

 で、パソコンに「CD-R」を入れたら、フォーマットの画面が出てきて、「どんな使い方するの?」みたいなメッセージが出てきたので、これから調べて、フォーマットしようと思います(笑)

 まぁ、ゴールは近い!ということで。ここまで来れば大丈夫でしょう(笑)


☜第62回「アナログ人間の定款認証 その2」はこちら


<このブログを最初から読みたい方はこちら>

中山講師の個人ブログがスタート!「続 まらやの司法書士合格ブログ~宅建ネタも」こちらからぜひご覧ください!


<ブログ筆者の紹介>

中山 慶一なかやま よしかず (司法書士・Wセミナー専任講師)
プロフィール
フルタイムで働きながら、2010年10月に司法書士試験に合格。堺市の個人事務所、大阪市内の司法書士法人で勤務して実務を学ぶ。合格して1年後の2011年10月に個人事務所を開業。以後、葬儀・墓地の相談を中心に、法人等の顧問として活躍。また、法務局の登記相談員として幅広く、登記の相談も受けている。Wセミナーでは、「基本を正確に、そして大切に」が合格への近道である、という自身の経験を基に、圧倒的な指導力で受講生を合格へと導く。
Wセミナーでは、初学者対象の「入門総合本科生(旧 基礎総合コース)」、中上級者対象の「上級総合本科生」、「上級本科生」等を担当している。