【宅建士】
合格前夜


 全国20万の宅建ファンの皆様こんにちは。才間です。

 皆様すっかりお忘れかと存じますが(笑)、私の趣味は短距離走でございます。2018年度の試合結果報告が第5戦目で止まっておりましたので、まとめてご報告差し上げたいと思います。
目標としていた、100m11秒台は出せたのか!?

・第6戦目…12秒24(追い風参考記録)
・第7戦目…棄権(家業都合)
・第8戦目…予選12秒45、決勝12秒62(共に公認記録。珍しく予選・決勝のある試合でした。)
・第9戦目…12秒31(公認記録。シーズンベストタイ。)
・第10戦目…12秒50(超~向かい風でした。)
・最終戦…12秒43(公認記録。ちょっと向かい風でした。

※いずれも、100mの結果です。

ということで、公認記録としてのシーズンベストは第2戦目と第9戦目にマークした12秒31でした。追い風参考記録も含めますと、第4戦目でマークした11秒94がシーズンベストです。
公認記録で11秒台は出せず、正直パッとしないシーズンでしたが、2018年度は、担当させていただいた講義数が昨年よりも多かったことに加え、家業との兼ね合いも中々大変だったので、それを思えば頑張ったかなと思います。年明けには10kマラソンにも出場してみようかと考えています。こちらはズブの素人なので、学ばせていただくつもりで頑張ります!


さて自分語りはこれくらいにして、管理業務主任者試験を受験された皆様、お疲れ様でございました。
日頃の勉強の成果を発揮できた方がいらっしゃる一方で、残念ながら全く手応えがなかったという方もいらっしゃるかも知れませんが、ひとまずお休みになって、疲れを癒していただきたく存じます。

以前にもお伝えしましたが、厳しい現実を目の当たりにしていらっしゃる方につきましては、程よく他事にも目を向けていただきながら、来るべく再スタートに向けて、ゆっくりと歩みを進めていただけたらと思います。

以前にもお話した通り、宅建試験でも管理業試験でも、今からすぐに再スタートを切ることは、中々にタフなことです。
特に管理業試験に関しては、宅建試験の予備知識がある分、自信満々に試験に臨んだ方も多かったのではないかと推察されます。それだけに、「(宅建試験終了後の)1か月半で仕上げるのも中々タイトだったけど、かといってこれから1年間掛けて勉強するのもちょっとなぁ…」という「反動」が起こりやすいのではないかと考えられますので、なかなか再スタートの踏ん切りがつかないかもしれません。
ただ、ここで完全に諦めてしまったのでは今まで積み上げてきた努力が報われることもなくなってしまいます。ここまで歩んできた皆様には、最後には報われてほしいと思いますので、今できることを、ゆっくりと取り組みましょう。

これで、「秋の4大不動産資格祭り」がひと段落致しました。
そして、いよいよ明日12月5日(水)は宅建試験の合格発表ですね。思い返すと、今年も様々なドラマがありました。

昨年は、不動産の資格なのにも関わらず「中古自動車の取引」をする問題があったり、契約書面を渡すことなく「提示」するだけで満足するおっちょこちょいな宅建士がいたりと、バラエティーに富んだ設問がありました。
今年も今年で、いきなり家に火を放ってみる危ない輩がいたり、「電話では想いが十分伝わらない!」と直接お客様の自宅を訪問するアツイ宅建士がいたりと、また試験の新たな一面を知ることができました。
(コアな宅建ファンの皆様におかれましては「あの話ね」とおわかりいただけたことでしょう!)

ちなみに私が受験した際には、居眠り運転のトラックが建物に突っ込む、という問題が出ました。
普段の過去問演習時には、問題文の文面はあまり気にならないものですが、本試験という極限の緊張感の中で「居眠り運転のトラックが突っ込んでくる」という文章を見ると、「運行管理者試験の間違いかな?」と戸惑ってしまうものです。

皆様におかれましても、極限の緊張の中で懸命に試行錯誤し、解答を導き出したのではないかと思います。
その選択が報われることを、我々講師一同、祈念しております!!

さて、週末は人知れずビジ法2級を受けてきます(‘ω’)ノ