【宅建士】
押さえよう!重要数字②


全国20万の宅建ファンの皆様こんにちは。才間です。

梅雨のシーズンがやって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
季節の変わり目は体調を崩しやすいと思われますので、適度に休息も挟むようにして、体調を整えるようにしてください。あっという間に願書配布がやって参りますから、くれぐれも長期離脱することの無いように気を付けてくださいね。
私は、何故か毎年ゴールデンウィーク前後に体調を崩してしまうので今年も警戒していたのですが、今年は市民プールの塩素(??)に鼻をやられてしまいました…。特段、子供向けの遊具が充実しているわけでもない簡素な施設なのですが、さすがゴールデンウィーク、どこにいっても人だかりで、普段は見ることのない小さなお友達もたくさん泳いでいました。多分プールの中で粗相してしまったんでしょうね…普段よりも水が濁っていたような気がします(笑)。見事に、プール熱らしきものを頂戴してしまいました…。今後は、ゴールデンウィーク中のプールは避けることにします(笑)


さて、今回も引き続き民法等に関する数字絡みの問題を出題します。

★以下、()内に当てはまる数字を回答して下さい★
※問題文のすぐ下に回答を掲載いたしておりますので、必要に応じてお手元のシート等で隠していただけますとGOODです。


 

4.民法等/区分所有法(前回の続き)

 

Q9.区分所有者の(あ)分の(い)以上で議決権の(あ)分の(い)以上を有するものは、管理者に対し、集会の招集を請求することができる。

A9. (あ)5 (い)1
  ゴロ合わせ…「集会に行こ(1、5)うぜ!」


Q10. 共用部分の変更(その形状又は効用の著しい変更を伴わないものを除く。)は、区分所有者及び議決権の各(あ)分の(い)以上の多数による集会の決議で決する。

A.10 (あ)4 (い)3


Q11.規約の設定・変更・廃止は、区分所有者及び議決権の各(あ)分の(い)以上の多数による集会の決議で決する。

A11. (あ)4 (い)3


Q12. 義務違反者に対する訴訟提起(区分所有者及び占有者への行為の停止等請求を除く)を行うためには、区分所有者及び議決権の各(あ)分の(い)以上の多数による集会の決議を要する。

A12.(あ)4 (い)3


Q.13 管理組合法人の設立・解散にあたっては、区分所有者及び議決権の各(あ)分の(い)以上の多数による集会の決議を要する。

A13. (あ)4 (い)3


Q.14 建物の価格の 1/2を超える部分が滅失したときは、集会で、区分所有者及び議決権の各(あ)分の(い)以上の多数で、滅失した共用部分を復旧する旨の決議をすることができる。

A14. (あ)4 (い)3
  ゴロ合わせ…(10)~(14)まとめて、「密室(3、4)で行われた重大な規約違反に報(法)復だ!」
  「集会の招集と、後述の建替え決議以外は、4分の3ばかり」と覚えるのもよいでしょう。


Q15.建替え決議は、区分所有者及び議決権の各(あ)分の(い)以上の多数による集会の決議で決する。

A15. (あ)5 (い)4
  ゴロ合わせ… 「ゴシ(5、4)ップだらけの建替え決議」


Q16.建替え決議を目的とする集会を招集するときは、会日より少なくとも(あ)月前に、招集通知を発しなければならない。ただし、この期間は規約で伸長することができる。

A16. (あ)2


今回はここまで!
昨年の区分所有法の問題でも、数字をきちんと押さえておけば一撃で仕留められる問題が出題されておりました。しっかりと比較検討して、おさえておきましょう!肌が合うようであれば、ゴロ合わせもご活用ください。

次回も引き続き民法等から問題を出題致します。