【宅建士】
良いお年を!


 全国20万の宅建ファンの皆様こんにちは。才間です。

 さて、今年も残すところ数時間となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。ガトーショコラはご賞味いただけました?(笑)
 さてTAC宅建講座におきましては、来るべき民法大改正を控え戦々恐々としておりますが、こちらをご覧いただいている2019年度宅建試験合格者の方々は、ホッと安堵のため息をついていらっしゃることでしょう。
なんといっても近年、難化が叫ばれている宅建試験において「民法改正前の最後の試験」という大転換期に合格を勝ち取られたわけですから。
 宅建試験終了後も「賃貸不動産経営管理士試験」もしくは「管理業務主任者試験」に向けて学習を継続されていた皆様、年末年始はゆっくりと体を休めていただけたらと思います。

 そしてすでにW合格を手中に収めている方、おめでとうございます。
 皆様が合格を勝ち取って下さることこそが、我々講師陣の一番の喜びであり、今後の励みとなります。
 また、合格ライン上の皆様におかれましては、不安・後悔・反省など様々な思いがあるでしょう。
 私事で恐縮ですが、私も過日にマンション管理士試験を受験した際に、複数の「割れ問」騒動に巻き込まれ、「一体、この問題は何なのか」と1か月半モヤモヤさせられた記憶があります(幸いにも、試験には合格することができたのですが…)。
 私と同じく、皆様の合格への熱い思いもきっと届くでしょうから、発表の日を粘り強くお待ちいただきたいと思います。

 引き続き他資格の学習を継続される方、一旦学習から離れる方、様々でしょうが、また何らかの形で皆様の夢の後押しをする機会を頂けましたら幸いです。今後とも、TACをどうぞ宜しくお願い致します。

 それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。