【宅建士】
試験結果・講評


皆様、宅建の本試験お疲れ様でした。
今回は、試験の結果と寸評についてご報告いたします。

まず、TACの合格予想点は「35±1点」です。
ですので、34点も36点もあり得る、ということになります。
昨年度よりも、民法・法令上の制限の難易度が上がったため、全体的に難しくなったという印象です。
よって今回は、宅建業法でいかに取りこぼさず点を稼げたかが合否を分けるポイントになるでしょう。
合格に必要と思われる点数の内訳としては、民法等で8~9点、宅建業法で16~17点、法令上の制限で5点、その他関連知識で5点、が目安になります。

皆さんはいかがでしたでしょうか。
今回も昨年同様コロナ禍での受験ということで、精神的にも肉体的にもタフな日々ではなかったかと思います。
まずはゆっくりとお休みください。
本当にお疲れ様でした。