【通関士】
いよいよ本試験公示



こんにちは。
TAC 通関士講座 講師の井下 奈緒美です。

ご存知の通り、今年の本試験の公示がありました。
予想通り(?)、10月14日日曜日の日程が発表され、昨年の10月1日の日程と
比べると、2週間も余裕ができました。
本試験情報は税関ホームページを確認して、早目にご準備下さいね。
受験願書の受付期間は7/23月曜から8/6月曜までです。
嘘のような話ですが、この受付期間に提出を忘れて、その年の受験ができ
なかった方もあります。

昨年と比べて長くなったこの2週間を存分に活かすか、やり過ごしてしまう
かは自分次第です。
持ち時間が多い人が必ず有利ということは言えませんが、
せっかく巡って来たプレゼントの「時間」を有意義に使って下さい。

本試験が近づいて来た事を実感された皆さんはやや?焦る気持ちも
出て来たかもしれませんが、前回もお話した通り、普段通りにただコツコツ
前進あるのみです。

貨物分類(所属決定)の学習は、毎日少しずつやりましょう。
TAC では入学と同時に教材をお渡ししていますが、
これまでに途切れなく、続けて来た人と後回しにした人では、
申告書作成の処理能力に差が出て来ます。
計算問題(関税や付帯税)も身に付ける為には時々、自分の手で練習するしか
ありません。

そして案外、忘れがちなのが通関実務(申告書、計算問題)の学習ばかりに時間を
取ってしまい、本試験で法令科目(特に関税法)の合格基準に満たず、不合格
になってしまうパターンです。
初学の方はまだ自分の得手不得手はわからないと思いますので、
科目は満遍なく、時間をかけないといけないでしょう。

仕事が忙しい、と言ってしまっては国家試験に合格する事は難しいですよ。
忙しい人ほど、たくさんの事をこなしています。
通関士の試験は細切れの時間の積み重ねで、結果を出せます。
もちろん、ある程度はまとまった学習時間が必要ですが、
10/14、必ず合格すると言う強い意志を持って、この夏を乗り切りましょう。
まずは、気持ちがブレない事です。

ではまた来週。