【通関士】
模試、答練はちゃんと受験しましょう!



こんにちは。
TAC通関士講座 講師の井下 奈緒美です。
いよいよ9月に入り、本試験直前期となりました。

計画通りに学習が進んでいる方も、気持ちばかりが焦って、
何から手をつけたらよいか。。という方もあるでしょう。

今年は、昨年よりも受験日までの日数が多いのですが、
この2週間を活かせるかどうかで、本試験の合否に影響が
あるかもしれません。
是非とも最大限にこのメリットを享受して下さい。

そろそろ、模試や答練を受験される時期だと思います。
毎年、この模試や答練を受験せず、持ち帰りされる方が出てきます。
もちろん、所用の為、受験できない事はあるでしょうから、それは
仕方がないですね。
しかし、通関士講座だけではなく、他の資格講座でも同じ事が言える
のですが、受験を会場(学校)でしない方は、合格から遠のきます。
自分にも同じ経験はあります。
勉強が追いついていないと感じる時は受験の自信がなく、今は
ちゃんと得点できないので、受けてもダメだと思って、持ち帰って
自分でやっても一緒だと思ってしまうのです。
しかし、持ち帰りは1人で、自宅でという環境ですから、時間を厳密に計って、
という事が難しいのです。
解説(解答)も手元にあるので、ついこれを見て覚えた方が時間短縮になると
思ってしまうのです。このやり方は、間違っています。

最後までちゃんと受講、受験された方が合格者の分母です。

本試験と同じ状況で練習していない人が、合格という結果を出す事は難しいのです。

模試の結果は気にせず、しっかり「練習」してから本試験に臨めるように、
模試、答練は受験会場(学校)に行きましょう!