【通関士】
本試験、がんばってください!



こんにちは!TAC通関士講座講師の星野敦です。

いよいよ本試験まで一週間を切りました。
今回は、本試験までの、ラスト一週間の過ごし方について
書きたいと思います。

(1)本試験前々日まで

今、最優先でやるべきことは、得点が6割を切る科目がないように
準備することです。
通関士試験は、通関業法、関税法等、通関実務の3科目とも、
一定の基準(例年、科目ごとに60%以上の得点)をクリアすれば
合格します。
逆に、1科目でも得点が6割を切ってはならないのです。
6割を切る不安がある科目を優先して勉強し、
知識を確実なものにしましょう。

それから、本試験まで残り一週間を切ってから
新しい知識を増やすのはリスクが大きすぎます。
直前期に新しい知識を詰め込もうと思っても、
定着させるのは難しいですし、
かえって今までの知識をあやふやにしてしまうおそれがあります。
今まで勉強してきた知識を確実なものにするため、問題を解くときは
基本的な問題にし、テキストを読む時間を増やしましょう。
ラスト一週間で、全体を総復習しましょう。

(2)本試験前日と当日の朝

本試験前日は無理して長時間勉強せず、基本事項の確認にとどめ、
リラックスして、早く寝るようにしましょう。
通関士試験は朝9時30分と、朝早くからスタートするので、
当日は早起きする必要があります。

(3)本試験会場で

問題を解く際は、答練を解くつもりで、
リラックスして解きましょう。
本試験では、テキストに載っていない、
絶対に解けないような問題を出題してきます。
そういう問題は、ほかの人も解けません。
問題を見てすぐに「解けない」と判断したら、
正解したらラッキーぐらいに思って解答し、
そういう問題に時間をとられないようにしましょう。
その一方、解ける問題を確実に正解することを心掛けてください。

それから、午後に行われる通関実務が最重要科目ですので、
ベストコンディションで臨めるよう、
昼食を控えめにし、ドリンク剤を飲むなど、
お昼の過ごし方も重要です。

当日は、今出せる力を出し切ってきましょう!
皆様の合格を祈っています!